2010年12月ワンダ♂誕生☆小さな家族が少しだけ大きくなりました。
Top
ポジティブに、マーマイト。
Wimbledonのお友達の家で一日まったり。。
日本から旦那さんの駐在で来ている友人達で、皆気さくでいい人たちばかり。
せっかくこうして赴任してきているのだから、100%イギリスを楽しもう!という意識が気持ちがいい。

「(なんちゃって日本食の)WagamamaもYo! Sushi(変わりネタの回転寿司。お酢でなく油で握っているらしい)も、まずいって聞いてもとにかく一度行ってみるのよ!」とやたらポジティブ。
取り合えずシニックに挑むことの多いフランス人と対照的でおもしろい。

そうだよね、何事も試してみないと!と思いつつも、Wagamamaに行くなら違うところで食べたいし…。
そこでふらりと帰りに見に行ったのが、わたしの中でイギリスといったらコレ!、ビール酵母で作られた栄養たっぷり?Marmiteマーマイト
e0155459_0325353.jpg
臭い、まずいって聞くけれど、お醤油も傍からみたら変なものだし、ナンプラーだってあんなに臭いのにおいしくなるんだし…と、ポジティブシンキングを続けたものの、メインの食べ方が「トーストに塗る」なんてあまりにもイギリスっぽいなぁ。
瓶のデザインは好きだけど、絶対食べきれないだろうし…。

そこで、取り合えず無難にマーマイトを使ったクラッカーを買ってみた。

もしかして、はまちゃうかな?なんて内心期待していたのに、感想は…、


まずくはないのに、おいしくもない…。
この味のどの部分がマーマイトなのかもよく分からない、不思議な代物でした。

イギリスらしい、いまいちな味だなぁと思いつつも、「やっぱりマーマイトを買って、新たなイギリス料理レパートリーを開拓して…」と一人ポジティブ街道を突っ走った。

が、ふと我に返れば、そこまでイギリス料理にポジティブになる必要もない?
マーマイト購入は暫し保留中。
[PR]
by hirochotto | 2009-03-10 23:56 | London 生活
<< 初恋の人からの手紙 先月は、ロシア月間。 >>



ライフログ
最近読んだ本 ↑
沈没期間中に「本もTVも見れないんだよね」と分かってくれる人がいると「そうなのよ~」と嬉しかったのだけど、思考能力ゼロ、この間の記憶とても薄いです…。そんな中、何度も読み返していたのが『僕とポーク』。ネットで一日一ページ読む感覚で、ちまちまちまちま絵を眺めていました。ほしよりこさんの漫画に登場する大人っぽい子供、子供っぽい大人たち、最高です。
検索

(C)2008 hirochotto. All rights reserved.

最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧