2010年12月ワンダ♂誕生☆小さな家族が少しだけ大きくなりました。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
タグ
外部リンク
タグ:resto ( 10 ) タグの人気記事
誕生日祝いに食べたもの。 
来週月曜日のJMの誕生日の前祝いに、レストランに行ってきた。
彼希望のWapping Food。よく行くギャラリー、Wapping Projectの中にあるレストランです。

不便なところにあるのに、土曜の夜は満席でびっくり。。
アラカルトで頼んで二人で150£弱という値段の割に、味はうーん、いまいち…。
フュージョン系で本当においしいレストランってなかなかないと思う。

ここのよかった所は、やはり水力発電所を改装したという非現実的な空間。
料理を待ちながら、カクテルを持ってギャラリーをフラフラ歩き、あーだこーだ語り合うのは楽しかった。

e0155459_1850232.jpg


そして翌日の日曜日。週末はよく彼がお料理を作ってくれるのだけど、この日も2日分作ると言う。
なにか作りたいメニューがあるらしい。月曜日は張り切って用意してお祝いしようと思っていたので、
ちょっと残念だけれども彼が喜ぶのが一番だし…。お任せすることにした。

彼が挑戦したのはDaube d’agneau à la normande(ノルマンディー風羊の蒸し煮)。
料理が好きで、いつも凝ったものを作ってくれる。
今回も24時間前からお肉に下味をつけ、3時間煮込むというなかなか本格的なもの。


さて、その努力の成果は、

e0155459_18564515.jpg
まずい…!おいしくないなんて言葉じゃ足りないほどまずい。
塩味が足りないとかいうレベルではなく、何かが根本的におかしい。。

なんで得意げにテーブルに並べる前に、味見をしないんだろう…。
本人もこれはまずい…と思ったようで悲しそうな顔をしている。


「うわ~、すごいねぇ。これを明日の誕生日にも食べるんだね~」と言ったら引きつった笑顔でこっちを見るので、ちょっとレシピを見てみると、失敗点は、シードルの代わりに白ワインを使ったことのよう。
半リットルも入れた白ワインのアルコールが全く飛んでいない…。うーん、すっごくまずかった。
しかも、2日分どころか3~4日分ありそうだし。。

捨てるわけにもいかないので、大量のカレー粉とココナッツクリームを入れて、翌日は久しぶりにカレーを食べました。誕生日にカレーってお子ちゃまっぽいけど、おいしく食べれてカレーさまさま。

しかも本人も何故か得意げ。 「僕が仕込んだ甲斐があったよね」

うーん、ずぶとい…。
[PR]
by hirochotto | 2009-09-19 23:23 | London 生活
Boho Mexico
最近のお気に入りのカンティーヌ(食堂)、Boho Mexico
家の近くに、ふらっと寄れる行きつけのカンティーヌがあるとうれしい。
地元のSpitalfields~Shoreditchにはちょこちょこ可愛いお店が多く、Caipirinhaを飲むならあのブラジル屋、野菜がたくさん食べたい時はあのベトナム屋といった感じで、夜でかけるのに楽しい地区。

e0155459_294652.jpg
このBoho Mexicoは暫く前から改装していてどんなお店が入るんだろう?と興味津々だったお店。
お勧めは前菜のAntojitos。(食べてから写真を取ったのでお皿がスカスカで申し訳ない…)

ソフトシェルに具が挟まれているんだけれど、それぞれしっかり味が違っておいしい。お腹一杯食べるというよりギャラリー巡りの前にここでカクテルを飲んで、食べ物をつまむのにぴったり。


Shoreditchはアーティストエリアで、毎月恒例のFirst Thursdayなど、夜遅くまでギャラリーでイベントが豊富。しかもギャラリーではアルコールが無料。

ギャラリーを見ていると大抵誰かが寄って来て、何か飲みますか?と声をかけてくれる。
ふら~と入った最初のギャラリーでビールを飲んで、次のギャラリーでは白ワイン…というように、
ギャラリーを見に来たんだか、お酒を飲みに来たんだか、結構怪しい…、かも。

でもこういうのって仕事帰りに最高だよね~、と仕事帰りのJM&その他モロモロを眺めて思う。
会社の帰りにちょっとアートに触れる(しかもお酒つき)って、かなり贅沢。
[PR]
by hirochotto | 2009-09-04 23:23 | London 生活
The Wolseley、お抹茶のごとくエスプレッソ。
The Wolseleyにランチを食べに行きました。
レストランが見渡せる上の席に通してもらったので、個室気分でゆったり。

e0155459_23231543.jpg
妊娠しているお友達にササッとと背中にあてるクッションを持ってきてくれたり、どのウェイターも親切で気が利いている。

ケーキが甘いという噂を聞いていて心配だったデザートは、甘すぎるっていうよりしっかりした甘さでおいしかった~。

特にクレーム・ブリュレ。


お友達が頼んだ時は、イギリスのものをできるだけ食べておきたかった(もちろん味見させてもらうつもり)
ので一瞬がっかりしたものの、イギリスで食べた中で一番おいしいかも。


そしてなによりおいしかったのが、

エスプレッソ! (それかぁ…とお店の人にはがっかりされそう…)


うん、おいしい!と一口飲んで声に出すほどおいしかった。
The Wolseleyのエスプレッソ、お勧めです。

と書いていてふと思ったんだけど、外国のケーキは甘すぎと思う人は、エスプレッソを頼んだらいいのかもしれない。もちろんただ甘いだけのおいしくないケーキもあるけれど、エスプレッソを最後に飲んでちょうどいい感じの、甘さしっかりのケーキが多いのかも。

和菓子の甘さが昔から苦手で、「上品な甘さよね~」と言われるようなものでも、甘すぎて食べれないよぅ…
と思うことがしばしば。。それでもお抹茶を最後に飲むと同じ和菓子もすごくおいしく感じるので、
和菓子&お抹茶ごとく、甘めケーキ&エスプレッソで新たな境地に達するかも!



そして、一緒にランチに行ったのは、ロンドンに来て初めて仲良くなった日本人のお友達。
最初会った時から気兼ねもせず、おしゃべりに花を咲かせた…というより、ギャハギャハおしゃべりに燃えた。
こうしてブログを書いていても、会ってから一年も経っていないってちょっと不思議。


e0155459_2343677.jpg


この夏を境にバラバラの土地で暮らすことになったので、今日がロンドンで4人が揃う最後のランチ。
でもこれからも絶対会えるしね。今度4人で揃うランチは、やっぱり東京かな??
[PR]
by hirochotto | 2009-08-24 23:23 | London 生活
7月3日は、
結婚記念日です。そして今年は5周年記念!
おいしいイギリス料理が食べたいなら是非と友達に教えてもらったMagdalenでお祝い。
天気がいいので歩いて向かった。夕方の日差しが気持ちがいい。
e0155459_21323034.jpg

レストランは客層がとてもいい感じ。そしてお店の人が驚くほど親切。

メニューの « skate(お魚のエイ) »の意味が分かなかったわたしたちに、手振り身振り一所懸命説明をしてくれる。「あ~、ヒラメね~」と間違って納得していると、その単語は違うはず!と裏に戻って絵を描き、フランス語を調べて教えてくれた。

エイの絵はどうみても大きなヒラメで仏語がなければあの絵じゃわからなかったけど、その気持ちがとてもうれしい。楽しいディナーが過ごせました。
e0155459_21294564.jpg

結婚して5年間、何度も離婚の危機もあり、いつも相談にのってくれ見守ってくれる友達、家族がいなかったらここまでやってこれなかったと思う。
(ってわたしが毎回1人でやっぱり別れる!と騒いでいるだけの気もする…。ははは…。)

これからはみんなに心配をかけることの少ない、安定した夫婦を目指します。
6周年が無事祝えますように~。

次回は、これを機会に結婚式のことを書いてみます。
たぶん。。気合があるうちに取り組もうっと…。
[PR]
by hirochotto | 2009-07-03 23:23 | London 生活
ケバブはディープに。
来週ニューヨーク出発ぎりぎりに髪の毛を切りに行こうと思ってたのに、ボサボサ限界…。
お友達に教えてもらった美容院の開店を待って即効予約、午後空いていたのでロンドンで初めて髪の毛を切ってきました。マッサージが終わったあたりでもう元取った気分。いざカットはお友達のお勧めだっただけあって、担当者の人がすごく気持ちのいい人だった。

ロンドンのあれこれを話しているうちに、会話はどうしてもロンドンでの食事について…。

「何がおいしくないって、がっかりだったのはケバブです。。」

「洒落たトルコ料理のレストランはよくあるけど、そういうところでケバブは食べたくないし…。
ケバブは食堂っぽいところじゃないと雰囲気でないですよね~!」

と、ここ一年近くケバブらしいケバブを食べていないので力説すると、

「実は地元近くにトルコ街があっておいしいんですよ、もう10ポンドも払わずお腹一杯お勧めです!」
とわざわざ地図を出してきて説明してくれた。

人からもらう情報って一番うれしい。もしおいしくなくてもその親切心だけでほぼ満足。
カットが終わる頃には頭の中はすっかりケバブ、約束していた映画はキャンセルし、夜早速ケバブ屋Mangalへ向かった。

同じ東ロンドンなので近いのかなあと思っていたら、バスで北東へ30分ほど。日が落ちていく時間帯に重なり、景色はどんどんディープに。「Turkish Bankなんて、ロンドンにいながらトルコに来た気分だね、ははは…」とちょっと心配し始めたころに無事到着。
e0155459_7551738.jpg
入り口はぱっと見小さくて、どーんと積まれたお肉の山に一瞬肉屋?と戸惑ったものの、入ってみたら中は広い。
(常連によると拡張されたらしい)

メインにはパセリとガーリック風味の羊肉Beyti、乳製品大好きのJMはヨーグルト風味のチキン。

久しぶりの食堂ケバブで興奮気味に食べてしまって味はよく覚えてないんだけど、お店の人もフレンドリーで安いし大満足だった。

万人にはお勧めしないけど、トルコで食べたあの雰囲気で食べたい!という人にお勧め。
次回はシンプルにSis Kebabを食べてみよう。(そして味チェック!)
[PR]
by hirochotto | 2009-05-01 23:48 | London 生活
Café Constant、ブリッジデビューはいつ?
スキーから戻ってきました。前後のパリ滞在では久しぶりに友達にも会えて大満足!
毎朝7時すぎに起きて一日中滑るという、バカンスらしくない1週間だったけど、ロンドンを離れ大自然の中にぽーんと投げ出された感覚は最高でした。スキーの話は次回!

忙しい彼の両親とお昼を一緒に食べるため、パリには早朝のユーロスターで出発。
パリの到着駅Gare du Nordで、オランダへ旅行に出かける彩とばったり!これはうれしかった!
翌日スキーへ出発なので午後は買出し。夜はJMと別れ、それぞれの友達と。
お義母さんには「私たちの世代は夫婦別々に出かけるなんて考えられないわ」と驚かれてしまったほど、フランスではまだカップル行動がメイン。でも女友達だけでしゃべりたいこと山ほどあるし、ロンドンに来れず嘆いていたサリマと会うため、les grossesとCafé Constantで待ち合わせをした。

20時過ぎに集まると、基本的に予約を取らないためすごい人!待ち時間は45分…。
一旦諦めて同じ通りにある同じシェフのles Cocottesを覗きにいったものの、ここもバーまで人が溢れ出していたのでCafé Constantで粘ることに。ワインを飲みながらガールズトークに花を咲かせ、サービスで出してくれたつまみを食べていたらあっという間だったけど、チーズやサラミを食べすぎちゃって食事前にお腹一杯…。ありがち。。

レストランの方のお味はというと、前菜からデザートまで33€という安さから言って文句はないと思う。
お店の人もとても気さくで感じがいい。ただ予約が取れない(サイトでは10数人からと書いてあるけれど、お店の人によると5人以上からOKみたい)から仕事帰りは辛いかな。
ちなみにシェフのChristian Constantは、同じ通りに4つのレストランを持っていて、その1つのle Violon d’Ingresはミシュラン☆です。
e0155459_4553643.jpg

( ↑ 相変わらずのカメラ視線のオドレーと、2人目の男の子が誕生したばかりのサリマ )

帰りはボーイズトークを終えたJMが車で迎えに来てくれて、一緒に彼の実家へ。
その晩はブリッジの集まりがあったものの、もう遅いしみんな帰っただろうと高を括っていたわたし。
が、夜1時近くだったというのに、「お久しぶり~」と10数人の義理の両親の友人に笑顔で迎えられた。
もうみんな70歳前後だろうに、すごいパワー…。(もしやわたしたちを見たくて粘っていたのかも…。)
夜中に義理の両親の友人に社交辞令をするのは辛かった~。

それはそうと、4人でテーブルを囲み、ペアで戦うブリッジ。欧米にブリッジ人口が根強く残っているのは、外出は夫婦同伴という生活様式に基づいている気がする。
ブリッジで勝ちまくる素敵なカップルを目指す?とよくJMと話すけど、あと何年かしてからかな。
[PR]
by hirochotto | 2009-03-20 23:53 | France 生活
J Sheekey
パリ友オドレーが、旦那さんのファブリスとロンドンに遊びに来た。
オドレーはサリマと共に前の会社の仲良し三人組、通称les grosses(デブっちょ)。
お互いsalut~, la grosse!(ハーイ、デブっちょ!)と呼び合う仲。

今では笑い話だけれど、すぐに意気投合したサリマと違い、オドレーとは仕事を始めた当初は仕事方針の違いにほぼ毎日激しく議論(というか口論…)を繰り返していた。
お互いの頑固さにうんざりだったけれど、仕事に対して真剣だからムキになっていると気づいてからは急速に仲良しに。モチベーションがどんどん下がっていく会社の中で、がんばってこれたのは彼女たちのおかげ。
わたしがロンドンに移った数ヶ月後オドレーも転職し、仕事も家庭も益々充実して元気一杯だった。
前の会社での苦労を見ている分、新しいポストで活躍している彼女を見るのは本当にうれしい。

以前ファブリスがロンドン在だったので、観光そっちのけでショッピング(ポンド安のため、ブランド品はパリに比べ-30%)をし、夜は魚介類が大好きなオドレーたっての希望でJ Sheekeyへ。
(自然体でお願いと言ってるのに、カメラから目が離せない3人…。↓)
e0155459_19504866.jpg

海の幸盛り合わせ(Plateau de Fruits de Merって英国でも仏語でいうみたい)もメインのお魚も、これぞイギリスとばかりの大きさにお腹一杯。フランス人と海鮮類を食べてラッキーなのが、カニ味噌を気持ち悪がって食べない人が多いこと。今回も独り占め、鱈腹堪能しました。

e0155459_209158.jpg
デザートは引き続きポジティブ期間なので、イギリスに行ったら絶対食べるな!と指示されていたプディング、Spotted Dick(スポティッド・ディック)に挑戦。ドライフルーツ入りのプディングに、ぼったりカスタードをたっぷりかけて食べる。

(写真はJ Sheekeyのサイトから。ここにカスタードをたっぷりと…)


出てきたデザートの見た目に「まずそ~」と思っているところに、「これとそっくりなのをドイツで食べるんだよ!」とコルシカ&ドイツ人のハーフのファブリスがごきげんにまくし立てる。
えぇぇぇ、ドイツ料理に似てるなんて!、選択失敗したかも…?っと内心思いつつ、食べたらとてもおいしくて大満足でした。
[PR]
by hirochotto | 2009-03-14 23:41 | London 生活
Alan Yau(アラン・ヤウ)目撃、試食中。
夜9時まで開いていたPhotographers’ Galleryに行った帰り、小腹が空いてたのでcha cha moonへ。
ここは共にMichelin☆をつかんだHakkasan、YauatchaをプロデュースしたAlan Yauが手がけたお店。
といっても全てのメニューがおいしいわけではなく(外れると大変…)、安くて回転が速く、夜遅くまで空いているのがわたしたちには魅力。
e0155459_22343224.jpg
待っている間お店の中を眺めていると、厨房前に陣取り、出される小皿に何度もダメ出ししている男性が。
2回もお尻を焼きなおさせた餃子を前に、「食べ物はまず目で見るんだよ」的なパフォーマンスで熱弁。

香港映画に出てきそうなあの臼のような顔かたち、ずばりAlan Yauだった。


Hakkasanよりもなんちゃて日本食チェーン店Wagamamaのイメージが強すぎて、あんまり彼のお店は好きではなかったけれど、成功する人の細かい努力を垣間見た感じ。
なによりもこういうパフォーマンスを人前でやってみせるのが、彼の才能なのかも。
[PR]
by hirochotto | 2008-12-18 22:20 | London 生活
一時帰国、なんちゃってナポリタン。
日本帰国が一週間をきり、いろいろと準備に追われている。滞在許可書がまだ下りていないのにヴィザが切れてしまうから、英国再入国が怪しい…。弁護士に書類を作ってもらったり、ちょっと面倒。

そして今週は旅行前の冷蔵庫整理中。
昨晩は無性にナポリタンが食べたくなったので、ありあわせの野菜を入れて作ってみた。
がっ、まずっ…。まずいまではいかないんだけど、いまいちおいしくない…。日本の洋食は難しい!

今日はひろしのミニクリスマスプレゼントを探しにちょうどお昼に出たので、近所のベトナムレストラン通りに寄ってみた。夜よく行くSong Que Cafeはやめて、初めてのViet Hoa Cafeへ。
e0155459_030298.jpg
お店の名前にちなんでViet Hoa Noodlesを頼んでみたら、むむむっ…。
昨日わたしが作ったいまいちナポリタンに限りなく似ている…。特に冷蔵庫にあったレタスを入れてしまったところがそっくり。。ある意味とても現地の味だった。

何年ぶりかに食べたなんちゃってナポリタンを、二日続きで食べることになるなんて思ってもみなかったけれど、お店の人がすごく気持ちいいし、次回もぜひこのお店に行っておいしいメニューを見つけるつもり。
[PR]
by hirochotto | 2008-12-16 23:25 | London 生活
寒波の中、老地方。
郊外のアンティークマーケットに行こうと思ったのに、起きたら雨。泣きのメールを彩に入れたら、パリでは雪が降っているとのこと!ひょえ~、ヨーロッパ全体寒波なのか。寒すぎる。
天気の悪い日曜は、お昼を家で食べBrick Laneでコーヒーを飲むことにしている。
今日はCoffee@157で。ここのホットチョコレートはおいしい。

クッションの中身を買って、早めの夜ごはんを食べにいくことにして「老地方」1号店へ。
e0155459_1961831.jpg
家からより近い2号店と違って、こじんまりしていていい感じ。パリではなかなかなかった四川料理が近所にあってうれしい限り。

わたしたちのお目当ては新疆羊肉串(ウイグル風ケバブ)。ウルムチの屋台で「これ一体何肉よ?」と言いながらもむしゃぶりついたあの味そのまま。なつかしの味。

これはほぼ全てのテーブルで頼んでいた香辣蟹。もくもくと蟹をしゃぶる。
[PR]
by hirochotto | 2008-11-23 23:05 | London 生活



ライフログ
最近読んだ本 ↑
沈没期間中に「本もTVも見れないんだよね」と分かってくれる人がいると「そうなのよ~」と嬉しかったのだけど、思考能力ゼロ、この間の記憶とても薄いです…。そんな中、何度も読み返していたのが『僕とポーク』。ネットで一日一ページ読む感覚で、ちまちまちまちま絵を眺めていました。ほしよりこさんの漫画に登場する大人っぽい子供、子供っぽい大人たち、最高です。
検索

(C)2008 hirochotto. All rights reserved.

最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧