2010年12月ワンダ♂誕生☆小さな家族が少しだけ大きくなりました。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
タグ
外部リンク
タグ:minute culturelle ( 7 ) タグの人気記事
Cathédrale de Chartres シャルトル大聖堂
e0155459_0552191.jpg

先週の日曜日は友人8人&その子供たちと、パリから南西に90kmほどのところにあるシャルトルに集まりました。シャルトル大聖堂で働いている、神父のフィリップ伯父さんに大聖堂を案内してもらう為です。

11時のミサに合わせて現地集合をし、お昼を食べて大聖堂の見学。世界遺産でもあるシャルトル大聖堂 Cathédrale Notre-Dame de Chartres の現在の姿は、1194年の大火事以後30年かけて再建されたもの。


当時の火災を唯一逃れたのが有名な西側のファサードとクリプト(地下聖堂)です。
左の西側ファサードは「斜めに撮るとダイナミックな写真になるよ」とダミアンが撮ったもの。記念に…。右は南側ファサード↓
e0155459_112476.jpg

シャルトル大聖堂の概説はウィキペディアを見てもらって、ウィキから少し外れた話を。
まず大聖堂を見て驚くのがその大きさ。全長130m、とにかくでかい!

e0155459_16274.jpg

大して大きくもない町にこんなに大きい大聖堂を建てるということは、昔シャルトルは宗教的又は経済的要所だったのか?と思ったら、なぜ12世紀にここまで大きな大聖堂がシャルトルに建てられたのか、未だはっきりしていないらしい。

876年にシャルル二世(通称「禿頭王」…。すごく分かりやすいネーミング。。)が献上したという聖母マリアのものとされるチュニックが奉られているのだけど、マリアの聖遺物が贈られたから重要な巡礼地となりこのような大聖堂が立ったのか、既に宗教的価値が非常に高い土地だった為に聖遺物がシャルトルに贈られたのか、今でも宗教学者が研究中とのこと。

聖遺物が876年に献上されたことから分かるようにシャルトル大聖堂の歴史は長く、元々ケルト信仰の聖地だった場所に建てられた。フランス最大の地下のクリプトに下りると、大聖堂の以前の姿を見ることができる。

e0155459_191283.jpg

まずはガリア人が崇拝したケルト信仰の聖なる井戸。古代ローマ時代には、迫害されていたキリスト教徒は殺害後この井戸に投げ捨てられたらしい。そして4世紀にガロ・ローマ時代の街の外壁に沿って建てられたという最初の大聖堂の遺構も見ることができる。まさに地層のよう。

4世紀に建てられた最初の大聖堂は8世紀にアキテーヌ公のシャルトル襲撃時に焼け落ち、その後再建築された2代目は9世紀にヴァイキングに破壊され、またまた再建築された3代目(禿頭王がマリアのチュニックを献上したのはこの頃)は10世紀にノルマンディー公との戦いで燃やされる。

個人的にお気に入りだった北側ファサード。旧約聖書が描かれている。
羊を持つのは聖ヨハネ。4頭身でかわいい。

e0155459_1132169.jpg

11世紀に4代目は事故で燃えてしまい(ついてないですね…)、5代目をフルベール司教がロマネスク様式で造ったところ、12世紀にシャルトルの町全体がほぼ焼け尽きるという大火事があったもののカテドラルは被害をまぬがれる。おーっ、大聖堂の周りがすっきり!ということで今も残る西壁を付け加え、大きめに改築することにしたらしい。その後また火事があり西壁&クリプトを残して焼け、再建されたのが今の姿。中世フランスの大混乱ぶりを感じます。

そして忘れてはいけないのが、総面積2600㎡にも及ぶ176点のステンドグラス。濃い青色が有名。左のシャぺルに木の額に入ったマリアのチュニックの切れ端が飾られている。

e0155459_116353.jpg

ステンドグラスには贈り主の紋章がついているため、製作者は分からなくても寄贈者は分かるみたい。

第二次世界大戦時中にステンドグラスが壊れないよう外して保管されていたのは有名な話だけど、大聖堂の西・南・北側のファサードも保護する為に土嚢がうず高く積まれていたとのこと。当時子供だったフィリップ伯父さんは物心ついた頃からファサードを見たことがなく、シャルトルをドイツ軍から解放したアメリカ兵がトラックで大聖堂のファサードの階段にバックで乗り上げ(結構急なのに、大胆アメリカ人!)、土嚢を取り除くのを見に行ったらしい。


最後に身廊の床。フランス最大の大きさを誇るラビリンスがはめ込まれている。

e0155459_1221673.jpg

外から中心に向かって歩く道のりは261,55m。中世ではラビリンスを辿ることは巡礼と同じ意味を持ち、エルサレムまで巡礼に行く代わりになっていた。「なんだかダビンチコードみたいだねえ」と友達が言ったら伯父が一瞬嫌な顔をしたのを見ちゃったんだけど、宗教関係者にとってダビンチコードは邪道なのかしら??

四旬節の最初の金曜日(2~3月)から10月末までは毎週金曜日に椅子が除かれラビリンスの全貌が見渡せるということなので、シャルトル大聖堂に興味がある人は金曜日がお勧めです。

サンタクロースのようなフィリップ伯父さん。とても薄着。
e0155459_1412763.jpg

この見学は一カ月前から計画していたところ2週間前に叔母のお葬式という不幸があって、伯父の落胆がひどく一時は延期しようかと思ったほどだった。伯父の気分転換にもなるから是非行ってあげてと義母に言われて決行し、普通ではなかなか知り得ない話をたくさん聞けてとても勉強になりました。最近教会は見慣れてしまって足早に見学しがちだったので、たまにこうしてゆっくり時間が取れて良かったです。
[PR]
by hirochotto | 2010-04-18 23:23 | France 散策
国際農業見本市中に出るミルクは?
やっぱりノクチューン(一日だけ特別夜遅く空いている日)に行かなきゃ!と友達に熱心に誘われ…、Salon de l’agriculture国際農業見本市に行ってきました。どんだけ盛り上がるのかと半信半疑で出かけたら、夜に関わらずチケット売り場は大行列。この日は特別23時まで開いているので、仕事帰りに牛でも眺めながら一杯飲もうと集まった大人たちがわんさか。

e0155459_411352.jpg

毎年開かれるこの見本市は、農業関係者にアピールする為に政治家も競って繰り出す大イベントです。ごきげんにワインやらチーズやら飲み食べまくり、出展者と握手をしまくっていたシラク。見本市が票集めに貢献していたこと間違いなし。それに引き換え二年前に不支持の人にからまれ「casse toi, pauvre con失せろバカ野郎」発言をしてしまったサルコーは、今年は最終日にこっそり足を運んだようです。

e0155459_4111574.jpg

展示は各地方・各国の名産物から動物まで1000以上のブースが並び、様々な植物を眺めたり、蟹の競りに参加したりなどイベントも盛りだくさん。

e0155459_4133497.jpg

でもなんと言っても見どころはブタ・羊・牛。
この3種は種類が豊富でフランスの動物園より何十倍楽しい。

今回連れて行ってくれた友達は今は違う分野のエグゼクティブながら「俺には農業の血が流れている」ことを誇りにしているジェージェー。無料ガイドと化して仕切ってくれました。

大好きな牛が見たいだけだったのに、まずブタ、次は羊と説明が細かい。。
しかもさすがエグゼクティブというか、各品種の収益率なんかを滔々と語ってくれてね。。
牛にたどり着く前に腰が痛くなってきてあわや脱落するかと思った。。

e0155459_418947.jpge0155459_4182571.jpg

最後にやっと牛コーナーに到着。かわいいね~、牛!
何が好きってじっと見つめてくるあの目と、この短毛ぶり。
牛にせよ、ペンギンにせよ、はたまたうちのワンコのマロンにせよ、短毛動物の腿って素敵…

e0155459_4191268.jpg

と生き返ったようにパシャパシャ写真を取っているとジェージェーの説明にも気合いが入り、一生役に立たなそうなウンチク、いや失礼、知識を教えてくれました。

「肩に肉が盛り上がっている牛はだめ、肉がおしりについているものがいい」とか。
(将来モザンビークにでも住んで、晴れて牛を一頭買う生活になったらお尻を見ます)

はたまた「シャロレー牛みたいに巨大になると、自然に繁殖することは不可能」とか。

テーブルでも披露できないようなウンチクなので、この場を借りて伝えておきます。

e0155459_4205814.jpg

唯一ほぉぉと思ったのは、牛たちのミルクの話。
出展者は一番いい牛を連れてくるので、中には年間17000リットルミルクを出す牛も。
見本市中ももちろん毎日ミルクを絞るので、それを知っているパリジャンは朝晩ミルクをもらいに集まるそうです。

e0155459_4202256.jpg

ポイントを押さえた後は待ちに待ったディナー。
フランスのみならず様々な国が出店しているので、特産品を求めてブースを回った。
ロシアのキャビアとウォッカ最高~。おいしいウォッカって口当たりがとてもいい。

e0155459_4221564.jpg

サラミをつまみながらペルーのカクテルを飲んだり、フランス海外県のラムを飲んだり。。
アぺロを堪能した後テーブルについたのは既に閉会時間の23時近く。

e0155459_4224518.jpg

そしてわたしたちが帰ったのは0時過ぎ。
「閉まります」と繰り返し流れる館内放送もなんのその、最大の盛り上がりを見せてました。

ノクチューン、確かにお勧め!
[PR]
by hirochotto | 2010-03-05 23:23 | France 生活
ガレット・デ・ロワ Galette des rois
一月に入ってから食べまくっているのが、最近は日本でも有名だというガレット・デ・ロワ。

Galette des roisは王様 rois のお菓子という意味ですが、ここでroisはキリスト誕生後ベツレヘムに向かってテクテク歩いてきていた東方の三博士 rois mages を指します。

三人の賢者が到着するのが1月6日のエピファニー(公現祭)で、お祝いに食べるのがこのガレット。

e0155459_7583694.jpg

と言ってもおいしいので、一月中旬ぐらいまでディナーに行くとデザートはガレットだったり、ガレットでブランチをしたりとやたらと食べ続ける。(↑ これは最近の朝食と化している二人用サイズ。あー、太る…)


ガレットを切り分けるときには一番若い人がテーブルの下に入り(大人の場合はわざわざ入らずそっぽ向いて)、Maître de maison(一家の主人に当たる人)がガレットを切る度に「それはヒロコに、それはJM…、」といったように誰が食べるか決めます。

そして中に入っているのがフェーブ。
フェーブを当てた人はその日一日王様又は女王となって、ガレットを買うともれなくついてくる紙できた冠をかぶって祝福してもらう。そしてお相手の女王または王様を指名する。(これが子供には照れくさいらしい)

JMが子供の時には父:Phébé(アポロン)、子供:Domine(マスター)、 父:Pour qui ? (これは誰の分?)と昔通りの掛け合いでやっていたとのこと。
学校でフェーブを当てた時は、うれしくて家に帰ってまで王冠をかぶっていたらしい…。


こんな感じでけっこうぼっこり登場。今回はバラの横の車がそれ。
(上のパイ生地を先に食べてしまって変な写真で申し訳ない!)

e0155459_7592322.jpge0155459_7594990.jpg



フェーブ la fève (そら豆の意味)は陶器で出来た小さい人形が大抵入っていて、お店によって様々。
コレクションをしている人もいるようです。ガレットの上にのっているのは我が家のクレッシュの三人の賢者でフェーブではないのだけど、大体この大きさ。

コレクションはしていないけど、気に入って取ってあるのがガレットにのっている金色のそら豆のフェーブ。
パリで最初に住んだアパルトマンの最寄りのパティスリーStohrerのものです。
近所だったからちょくちょくケーキを食べていたら、後で聞いたら1730年創業という老舗だった。
美味しいのでお勧め。


そして、今週ラジオを聞いて初めて知ったこと。
大統領が住むエリゼ宮で出されるガレットには、フェーブは入っていないらしい。
フランス大統領は王冠をかぶってはいけないからだとか。(フランス革命の名残?)

フランスって日本より伝統行事が少ないので、こんな言い伝えまであるなんてへぇーって感じ。
そして大統領に出されるガレットは直径1,2mで重さ30kg、150人分だって。ぐりとぐらっぽい!
[PR]
by hirochotto | 2010-01-06 23:23 | France 生活
Carrom キャロム、ゲームいろいろ。
昨日はJMのお母さんのお誕生日。今年の子供たちからのプレゼントはCarromキャロム
e0155459_21371686.jpg

キャロムのルーツは諸説あるようだけれども、フランスではインドのイメージが強いようで通称billiard indienインド式ビリヤード。避暑に行くノルマンディーの家用にとかなり前からJMの両親がほしがっていたので、これまで何度もプレゼント候補に挙がってきた。が、パリでは最低100€はする!ということであえなく却下。
代わりに100€どころじゃすまないBABYFOOT(バーでよく見るコレ)を贈ったりしているのがミソだけど、あらゆる物にはそれ相当の価格があるというシビアなフランス気質か。単なるケチか。

それはともかく、わたしたちの住む東ロンドンにはバングラ人街があるので、秋頃にキャロムを探し始めたらすぐ見つかった。価格はなんと27ポンド。
これは安-い!!と大喜びしたら、「どこから来たの?あー、パリでは100€はするでしょう?」とバングラおじさん。フランス向けのビジネスを考えたことがあるらしい。
丁寧に実演しつつルールを説明してくれたので、自分たち用・プレゼント用に2台買い、おじさんもほくほくだった。
e0155459_21472829.jpg
それにしてもフランスの友達はやたらとゲームをする。TVをあまり見ないからか、毎週夜一回集まってトランプに燃えてたり、バカンスも大抵夜はお酒をちびりちびり、おしゃべりしながらカード。
結婚祝いには、ある老夫婦にブリッジ用のテーブルマットをもらったこともあった。不要のお中元のごとく友達の両親にプレゼントしてしまったのだが、今思うともったいない…。
パリを出る直前には隔週の日曜にブランチ・ディプロマシー計画(遅い朝食を食べながら延々とディナー前まで戦略ゲームをする…)があり、「どの国、どの戦略を取れば勝つ確率が高いか」等々仕事そっちのけで私用メールが飛び交っていた。

↑ 友達お手製のトランプマット。いびつながら気合を感じる。

そんな戦略ゲーム好きなわたしたちが最近はまっているのが囲碁。
囲碁をする父が今回日本を発つときに持たせてくれたもので、暇な夜は二人で碁盤を囲んでいる。
最近強くなってきたわたしにJMはイライラ気味。
それもそのはず、時間があるのをいいことに、内緒で練習問題を解いているわたし。
フッフッフッ、やるからには勝つのだよ。
[PR]
by hirochotto | 2009-01-29 21:23 | London 生活
007『QUANTUM OF SOLACE』、そして耳の話。
「いつものヒロコの趣味じゃないじゃない」と言われるものの、大好きなダニエル・クレイグ。
土曜の晩やっと007の新作品、『QUANTUM OF SOLACE』を見てきた。
「ジェームス・ボンドはやっぱり目が茶色くないと…」なーんていう批判も無視!目の色なんてどーでもいいのだ。

かなりの気合で挑んだものの、「うっはっ~、かっこいい~」と思って見ていたのは最初の10分。
最近アクション映画は気力が持たないというか、体力が持たないというか、アクションに次ぐアクションにぐったり。
友達に言われていた通り、前作『Casino Royale』のほうがおもしろかった。
段々心は離れ、「ダニエル、耳大きいなぁ…」と心は彷徨い、あー似ている。。と気づいたのはチェブラーシカ

そこで耳の話。
e0155459_4132934.jpg

顔のつくりの良し悪しのポイントは、国によって微妙に違う。
台湾出身のジュリーは、「眉毛がつながっているのは生まれつき不幸の証拠」と言って、街中で眉毛のつながっている男性を見かけるたびに「あー剃ればいいのに…」と決まって口にする。
フランスで幸運を呼ぶと言われる「すきっ歯の前歯」。
あんなに歯並びを気にして矯正するのに、すきっ歯はオーケーなのだ。

それと同じくびっくりしたのが耳。このチェブラーシカっぽい耳の形が嫌いらしい。
耳の大きさじゃなくて、このアイアイ的に少し立っている形。
わたしから見たら全く普通な形で髪が耳にかかり易くていい感じなのに、子供のうちに耳の後ろを切って後ろに貼り付ける美容整形手術をするらしい。
JMも女の子だったら手術したとのこと。彼の耳を見たことある人は、「えっ?」というほど普通な感じなのに。
[PR]
by hirochotto | 2008-12-13 23:21 | London 生活
Crèche de Noël
12月1日は我が家のクリスマスデコ解禁日。パリ友には毎年お馴染みのイルミネーションを飾り付け、クリスマスというよりむしろ夏まつり気分のわたしたちのアパート…。
そしてキリスト誕生を再現するCrèche(クレッシュ)の登場。
e0155459_17353273.jpg

クレッシュはカト(=カトリック)度のバロメーター?と思うほど、カト度の強い家ほど巨大なクレッシュがサロンにでーんと置かれてる。砂漠の丘、森など再現するために、本物の砂や草を使ったり。気合いの入りがすごい。
e0155459_17375313.jpg
カト度極薄のうちでは、登場人物体長2cmほどのミニミニクレッシュ。

25日のキリスト誕生に向けて、後ろの方に置いてあるキリストベイビーをマリア、ジョゼフが待機する納屋へじわじわと近づけていく。
羊飼いの奥にぼんやり見える東方の三博士はまだまだスタンバイ。ベイビー誕生後、1月6日納屋到着を目指してスタート。
[PR]
by hirochotto | 2008-12-01 23:33 | London 生活
Poppy Appealとおうち拝見
11月11日は第一次大戦の休戦記念日でフランスは休日。
パリで働いていた時にはもちろん休日ではないドイツの同僚に、「私たちが休みの間、ま、がんばって働いておくれよ!」と軽く冗談を飛ばしたものだ。
イギリスも休日ではないものの、終戦記念日に対する国民の関心はフランスより高く感じる。
その最たるものがPoppy Appeal。第一次大戦以降の戦死者を追悼する意味を込めて、胸に赤いポピーの花をつけた人たちを、11月頭から街でたくさん見かける。
赤いポピーの由来は、激戦地フランドル戦線でポピーが咲き乱れていたかららしい。
当時のカナダ人詩人John McCraeが、戦友の死を歌ったIn Flanders Fieldsという詩が元になっているようだ。

と、まあ11日が休日なので、週末にパリからMP+JJ家族が従妹に会いにロンドンにやってきた。日曜に久しぶりの再会。夏にはまだ一人では立てなかった下の子も、トコトコ一人で歩きまわるようになってすごく可愛らしかった。
そして目玉は月10Kポンドするというこの従妹家族が住むアパート。
なんと向かいにはポップグループ「テキサス」のボーカルが住んでいて、窓から壁に飾られたプラチナ・アルバムの数々が見える!

俄かテキサスファンと化し、「うはぁ~~!写真とらなきゃぁーー!」とわざとはしゃいで見せると、自分が覗いて見るようにいったことはさっぱり棚に置き、「あーあー、これだから日本人はさあ~」とうれしそうなJJ。まったく、相変わらず!
昼ごはん中もすっかり調子づいて、「ちょっとヒロコは休戦記念日の間(敵対国だったから)隠れてた方がいいんじゃないの~」とニヤニヤしてるJJ。
「そっちこそ、第二次大戦の貢献度ゼロだったよねぇ~」と私。
国や宗教の違いについて嫌味なく、冗談を交わせる友達って貴重。
e0155459_8113182.jpg

[PR]
by hirochotto | 2008-11-09 21:52 | London 生活



ライフログ
最近読んだ本 ↑
沈没期間中に「本もTVも見れないんだよね」と分かってくれる人がいると「そうなのよ~」と嬉しかったのだけど、思考能力ゼロ、この間の記憶とても薄いです…。そんな中、何度も読み返していたのが『僕とポーク』。ネットで一日一ページ読む感覚で、ちまちまちまちま絵を眺めていました。ほしよりこさんの漫画に登場する大人っぽい子供、子供っぽい大人たち、最高です。
検索

(C)2008 hirochotto. All rights reserved.

最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧