2010年12月ワンダ♂誕生☆小さな家族が少しだけ大きくなりました。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
タグ
外部リンク
タグ:FM2 ( 8 ) タグの人気記事
Windowsということで。
新しいPCと共にパリに戻り、ご機嫌で日本滞在中見れなかったメールをほいほいチェックしていたら、その中にウィルスがいたらしい。ネットを見ていると、ぽんぽん勝手に宣伝が立ち上がる。。(これが変なサイトじゃなくてまだ良かった…)

某xxフィー社のセキュリティーソフトがインストールされているのにフルスキャンをしても何も検出されない。ウィルス名を調べて対処方法を問い合わせたら、「対応されていないウィルスもある。でも検出されないなら問題はなし」とのことだった。

明らかにPCが変なのに!!

イラッとしたけどスルーして、自分でネットで調べてレジストリをいじり、無料ウィルスチェックソフトを入れて撃退しました。有料ソフトなんだからのらりくらりの言い回しじゃなく、そのウィルスには対応しているのかどうかはっきりしてほしかった。サービス更新は絶対しないぞ。


本日のイライラ話はこれでお終い。題名の話。


おニューのPCのデスクトップの壁紙はこれ。最近撮り始めた「窓の外シリーズ」の一枚。
壁紙に使ってみたら、画面がデスクトップに切り替わるとカフェから外を眺めているかのよう。

e0155459_5141114.jpg

PCは世界への窓だよね。
Windowsの名前の由来はちょっと違うようだけど、この意味合いもあったのだと勝手に思っている。

ちなみに写真の場所は、暇があったら通っていたブロードウェーマーケットのフレンチカフェ。この日はうだるように暑かった。

昨日ニュースを見ていたら、ニースはもう16度とのこと。
ということは、もう半袖生活突入??
パリも早く~。
[PR]
by hirochotto | 2010-02-22 21:40 | France 生活
ジャポーーーーーン!
今晩の飛行機で、一年ぶりに日本に里帰りします。

今年は春か秋か夏に(つまり冬以外ならなんでも…)帰国したかったのに、免許更新で止むを得ず。。
短い滞在ですが、楽しんできます。

e0155459_1852992.jpg

Hasta la vista~~。
[PR]
by hirochotto | 2010-01-23 11:06 | France 生活
ノッティングヒル・カーニバル
ノッティングヒル・カーニバル Notting Hill Carnival に行ってきました。
お昼過ぎでまだ早いかなあ?と思っていたら、すごい人。

パレードはグループごと、スピーカーを山ほど積み込んだ大型トラックの後に、ダンサーたちが続く。
耳が割れるような大音響の中、のりのりに踊っていた。

e0155459_1501914.jpg

1964年から続くノッティングヒル・カーニバルは、当時この地域に住んでいたトリニダードなどからきたカリブ系移民が、人種差別、機会不平等に団結して抗議をするために始まったらしい。

今ではおしゃれなノッティングヒル界隈。ここでこんなに多くのカリブ系移民を見るのは不思議な感じ。

e0155459_272598.jpg

そしておもしろいと思ったのが、パレードが行われる通りとは別に、DJが音楽をガンガン流している通りがあり、そっちの方にはパレードそっちのけで既に酔って踊っている非移民っぽい人たちが一杯。

全然二つの世界が繋がっていないのが、なんだかSo Britishでした。
[PR]
by hirochotto | 2009-08-30 23:23 | London 生活
いざ、エジプト。
e0155459_19334627.jpg

明日の朝から彼の家族とエジプトに行ってきます。戻りは31日夜です。

JMは5人兄妹(しかもJM+4姉妹)なので、総勢12人。どこでも団体割引が効くんだろうか。
フェレ家はウンチク家族なので、わたしも対抗すべく『古代エジプトうんちく図鑑』(おもしろい。お勧め!)を読んでこの日に備えました。準備ばっちり!

10年程まえに同じルート(ルクソール~アブ・シンベル)を旅行しているので、本当ならカイロ以北を見たい。
でも自分でわざわざ同じ遺跡を見に行くことはありえないので、こうして行けるのもラッキーなんだなあっと前向き思考でがんばります。(ついさっきまでグチってたのに!)

現地から感動メール、泣き言メールを送るね。無線LANが無料でありますように~。
[PR]
by hirochotto | 2009-05-20 11:37 | London 生活
アメリカ : ニューヨーク前半
ただいま~。5泊6日のニューヨーク、あっという間でした。ニューヨークの感想は、とにかく人が感じがいい。
「NYは感じ悪いからね、あれをアメリカとは思わないでくれよ」とアメリカの友人に言われていたからびっくり。
NYでのちょっとそっけないぐらいがパリの標準サービスレベルという感じだった。

ニューヨークの街並みで一番のお気に入りは、ビルの上にやたらとあるコレ↓ 火災対策の水タンク?
e0155459_2311560.jpg

遠くにビル上にもボコボコ見える。マカロニウェスタンで、蒸気機関車に水を補給していた物のままのような木製なのがかわいい。あとこれまた意外で印象に残ったのは、車がクラクションをうるさく鳴らさないこと。

e0155459_2323065.jpg
到着した翌日は観光パワーが出ず、自由の女神のフェリーチケットを買いに行くついでにマンハッタンを歩きまわって町を見ることにした。

半袖でフラフラして、太陽を一年分浴びた気分!

ユニオンスクエアのマーケットを覗いたり、グラウンド・ゼロとかトリニティ教会とかチャイナタウンとかそこら辺をざぁーっと歩きまわり、勢いあまってそのままWilliamsburgへ。



イーストリバーを越えたところにあるウィリアムズバーグは、東ロンドンぽい地区。
e0155459_241299.jpg

アーティスト系のお店、かわいいカフェが多く、お店を出しているのはフランス人が多かった。

e0155459_234833.jpge0155459_2344786.jpg


ロンドンのうちの近くでみたMister MNのタグがここにも。(彼もフランス人らしい)

e0155459_2354179.jpg
夕方突然時差ボケに襲われ夜ごはんも食べれないほどの睡魔の中、JMの強い希望で近くのバーガー屋へ。

でかい。。自分の拳骨は口に入るのに、ハンバーガーは入らないよ!と俄かに元気を取り戻しはしゃいでいたら、横に座っていた年配の女性二人連れが話かけてきた。

どこから来たの、何を見たの等々、食べている間中ニューヨークの見所を教えてくれ、食べ終わる頃、「エンパイア・ステート・ビルは登った?ロマンチックよ~。行きなさいよ~、歩いてすぐなんだから行きなさいって~」とあまりにも勧めるので眠いながらも急遽上りに行くことに。


展望台は86階って、強風吹いてたら寒そう~と内心心配だったものの、ビルの上も暖かで夜景が綺麗でした。

e0155459_323658.jpg

ハンバーガー屋さんで話した二人の女性が、グラウンド・ゼロには思いがまだ強すぎて近づけないと話すのを聞いて、わたしの中では風化し始めているあのテロを一生忘れられない人もいるんだと改めて思った。この間偶然友達とWTCの話をしていて名前が思い出せなかったフランスのお勧めドキュメンタリーは『9.11 ~N.Y.同時多発テロの衝撃の真実』です。テロ当日に偶然消防署のドキュメンタリーを撮影していて、そのまま救助活動を撮影し続けるもの。あの場に踏み止まるだけでも大変なことなのに、崩れ始めるビルの中でてきぱき指示を出し作業を進めていく消防士の姿は圧倒だった。見る機会があったら是非。

次回は結婚式です。
[PR]
by hirochotto | 2009-05-08 23:27 | 旅 Globe Trotteur
遠くてもシンクロ。
朝起きてメールを見たら、合言葉は「大会」の大切な友達三人がそれぞれ人生を語っていた。
今について、将来について。
e0155459_226491.jpg

3人からこんな内容が同時に入るなんて、相変わらず微妙にシンクロ。
今ではみんな別々の国に住み一年に何度も会えないけど、引き続き濃い時間を共有している。
[PR]
by hirochotto | 2009-02-11 22:22 | London 生活
007『QUANTUM OF SOLACE』、そして耳の話。
「いつものヒロコの趣味じゃないじゃない」と言われるものの、大好きなダニエル・クレイグ。
土曜の晩やっと007の新作品、『QUANTUM OF SOLACE』を見てきた。
「ジェームス・ボンドはやっぱり目が茶色くないと…」なーんていう批判も無視!目の色なんてどーでもいいのだ。

かなりの気合で挑んだものの、「うっはっ~、かっこいい~」と思って見ていたのは最初の10分。
最近アクション映画は気力が持たないというか、体力が持たないというか、アクションに次ぐアクションにぐったり。
友達に言われていた通り、前作『Casino Royale』のほうがおもしろかった。
段々心は離れ、「ダニエル、耳大きいなぁ…」と心は彷徨い、あー似ている。。と気づいたのはチェブラーシカ

そこで耳の話。
e0155459_4132934.jpg

顔のつくりの良し悪しのポイントは、国によって微妙に違う。
台湾出身のジュリーは、「眉毛がつながっているのは生まれつき不幸の証拠」と言って、街中で眉毛のつながっている男性を見かけるたびに「あー剃ればいいのに…」と決まって口にする。
フランスで幸運を呼ぶと言われる「すきっ歯の前歯」。
あんなに歯並びを気にして矯正するのに、すきっ歯はオーケーなのだ。

それと同じくびっくりしたのが耳。このチェブラーシカっぽい耳の形が嫌いらしい。
耳の大きさじゃなくて、このアイアイ的に少し立っている形。
わたしから見たら全く普通な形で髪が耳にかかり易くていい感じなのに、子供のうちに耳の後ろを切って後ろに貼り付ける美容整形手術をするらしい。
JMも女の子だったら手術したとのこと。彼の耳を見たことある人は、「えっ?」というほど普通な感じなのに。
[PR]
by hirochotto | 2008-12-13 23:21 | London 生活
やっとこさ現像
昨日嵐の中出してきた写真を取りに行ってきた。ロンドンに来て現像するのは初めて。
楽しみにしていたのに、自分のカメラの下手さにがっくし~~。
そして当たり前だけど私の写真がない!JMばかりでつまらない!!
e0155459_7141088.jpg

Brick Lane上のBIOカフェの中庭にて。
[PR]
by hirochotto | 2008-11-11 22:31 | London 生活



ライフログ
最近読んだ本 ↑
沈没期間中に「本もTVも見れないんだよね」と分かってくれる人がいると「そうなのよ~」と嬉しかったのだけど、思考能力ゼロ、この間の記憶とても薄いです…。そんな中、何度も読み返していたのが『僕とポーク』。ネットで一日一ページ読む感覚で、ちまちまちまちま絵を眺めていました。ほしよりこさんの漫画に登場する大人っぽい子供、子供っぽい大人たち、最高です。
検索

(C)2008 hirochotto. All rights reserved.

最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧