2010年12月ワンダ♂誕生☆小さな家族が少しだけ大きくなりました。
Top
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
タグ
外部リンク
<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
異国情緒を求めて、
e0155459_15658100.jpg

パリのモスク Mosquée de Paris にディナーを食べに行きました。
まるでモロッコにいるよう。
しかも値段もうれしいモロッコ価格!とまではいかないけれど、お手頃価格です。

ここはクスクスがおいしいと聞くのだけど、クスクスっておいしくないものは見分けがついても小麦がきめ細かくておいしいとか全然分からない…。なので食べたのは大好物のタジン。野菜たっぷり、プルーンとアーモンドと一緒に煮込まれたお肉がとてもおいしく、久しぶりにお肉をがっつり食べました。

e0155459_1585928.jpge0155459_1592737.jpg

横にある植物園も大好きなので、ここは出没頻度の高い場所。外がテラスになっているのでちょこっとミントティーを飲みに寄るのだけど、天気がいい日はいつもすごい人。
座ってるとウェーターがグラスにそそいだミントティーを出してくれて、その場で2€を払う。
この気軽さがよくてついついお代りをしてしまう。がっぽり稼いでいるんだろうなあ~。

e0155459_265574.jpge0155459_278100.jpg

これは別の日に久しぶりにモスクを見学した時の写真。母に庭園の写真を携帯から送ったら、「そこ、ひろちゃんが留学していた時に一緒に行った場所よね?」と。すっかり忘れていたけれど、パリ観光名所を外してこういう自分の趣味に走った場所ばかり両親を連れていったことを思い出した。。

e0155459_2481598.jpg


フランスに興味があってフランス語を習った訳ではないのでたまに(というかよく愚痴愚痴言っているよねぇ、わたし…)なんでフランスに住んでいるんだろう?!と思うけれど、パリの好きな所はこうして普段の生活に異文化が溶け込んでいること。ヨーロッパなのでやはり昔からの階級差別はあっても、人種間の隔たりは(パン屋を怒鳴りつけたこともあるし、もちろんあるけれどもそれでも)薄いように思える。外国人であるという部外者的立場で階級差別もかわしやすいし。

ロンドンに住んでいた時に近所のお気に入りのカフェがバングラデシュ人街で有名なブリックレーンから一本入った所だったのに、お客はおしゃれ系の白人ばかりなのが気になってしょうがなかった。コーヒーの値段もコーラーの値段も高い訳ではないのに、地元のバングラデシュ人はおしゃれカフェには来ないのだ。まるで見えない線が引かれているかのように。

フランスでも肌の色による就職時の差別などよくニュースになるけれど、例えば中華街のおしゃれイタリアンカフェに中国人が入らないとは想像つかない。植民地政策が違ったように、イギリスとフランスの移民政策は随分違う。イギリスの方が宗教など外国人の特権が保護されているけど、各コミュニティーが混ざりあうことは求められていないように思える。どっちも一長一短だろうけど、住みなれたフランス式が楽かなあ。

いつもはロンドンびいきなのに、たまにはパリもいいとこあり?
[PR]
by hirochotto | 2010-04-28 23:23 | France 生活
ロンドンからパリに車を運ぶ。
ロンドンとパリはすぐ隣なのに、高いものが随分違う。
家賃はロンドンの方が断然高く、映画も高い。
逆にカラムーチョのように日本食材はロンドンの方が安く、電気製品も圧倒的に安い。
なぜなのでしょう?ポンド高で安く買い占めているとか?関税のせい?

この日はロンドンの友達がパリのマレーシア大使館に勤める叔母の為にイギリスで車を買い、遥々パリまで運んできた。6時にロンドンを出て10時にドーバーからフェリーに乗り、1時間でカレーに到着。また車を運転してフランス時間の15時にパリ到着。

ロンドンとパリの時差は1時間なので計10時間。
しかも叔母と言っても奥さんの叔母さんなのです。お疲れ~、友達!

e0155459_456896.jpg

彼の叔母は運転手付きの車を支給されているものの、自由にパリぶらを楽しむべく右ハンドルの車(マレーシアは右ハンドルなんだって)を欲しがっていたらしい。そして任期が終わったら車を引っ越しに混ぜて持って帰ろうという計画。

なぜかというと、そう、イギリスは車が非常に安い。

彼女が義理の甥に強引にお願いして持ってこさせた中古のベンツSLK(走行距離15千kmほど)は、フランスでは約30K€なので今のレートで370万円ほど。日本ベンツのホームページで同じ走行距離の中古が350~400万円で売られているので、ほぼ同じ値段です。

そして今回友達がイギリスで払った価格はと言うと、11.5K£。今のレートで165万円。
最高に£が強かった2007年の1£=250円換算でも290万弱。安い。。

しかもマレーシアで買うと関税が300%かかるとのことで、一気に一千万を超える。
買ってきてちょうだい!と言いたくなる気持ちもよく分かります。

でもこの叔母、パリに赴任したばかり。だから3年後の引っ越しにこの車を持っていくとは思えないんだなあ。また違う車を頼まれるんだろうねぇ…と呟きながら、友達は翌日のユーロスターでロンドンに帰って行きました。お疲れ!
[PR]
by hirochotto | 2010-04-24 23:23 | France 生活
カラムーチョの誘惑。
今週のパリは益々春めき街ゆく人々の格好はもう夏突入といった趣き。Birkenstockの季節到来です!

春の陽気に浮かれてか数日前からメイクを変えたくて変えたくて友達にアドバイスを聞きまくり(ありがとう~)、この日彩につき合ってもらってコスメチェック。ディオールは発色がいいとか、シャネルは薄づきとか、蓄えたアドバイスを最大限にチェックするべく、一人じゃないのを良いことに強気で色んなブランドを試した。

「今日はチークとアイシャドウを絶対買うぞ!」と気合い満々ながらも「アイシャドウは4色じゃなくて2色でいいや」と妙に現実的にケチを発揮しつつ、どうにか両方ともこれだ!というものを見つけて大満足。長々とつき合わせちゃった上、彩がお店のメンバーで全品10%引きの恩恵も受けさせてもらって大大感謝でした。


ペタンクの女王、彩。口癖は「ペタンクは裸足で」。
e0155459_3103369.jpg


気づいたら結構な時間で彩と別れ、帰りにふらっと京子(オペラの日本食材店)へ。
買いたかった紫蘇もなく、他には特にないかぁ…とお店を見渡していて目に飛び込んだのがカラムーチョ!「変なもの買っちゃだめよ」と別れ際に言われていたのに、異様に食べたい!!

げっ、4.20€(530円…)もするのかぁ、と悩んだのも一瞬。カラムーチョだけ買うのも恥ずかしいのでカモフラージュにお漬物を一緒に籠に入れ、さっさとレジに向かいました。

ガサガサいう買い物袋を手に帰宅ラッシュのメトロに乗り、勢いで買ってしまったものの「やっぱりこれは無駄遣いよね、これなら4色アイシャドウ買うのと一緒だし。。」と暫し一人反省会。そして気分転換に今日の戦利品のお化粧品をにんまり眺めていたら…、

そうだ、これ10%引きだったんだ!

もうここで心がぱーっと晴れ、カラムーチョ2個買ってもOKだったんだよ!と強気に!
(そういう問題ではない!!)

ということで、このカラムーチョは彩に買ってもらったものとして来週ありがたく食べようと思います。ご馳走様~~。
[PR]
by hirochotto | 2010-04-23 23:23 | France 生活
パリで便利なPorte sac。
ロンドンでは一度も使わなかったのに、パリでは欠かせないのがこれ。
Porte sac またはAccroche sacことバッグハンガー。

パリはテーブル間がやたら狭くバッグを背中の後ろに置いておくのも大変だったりするので、ビストロやカフェでこれがあると極楽~。

e0155459_621578.jpg


初めて買ったのは数年前にパリで流行り始めた頃。フランス人の同僚たちとサイトを見まくり仕事そっちのけで買ったんだけど、フランス人でも実は地面にカバンを置くのは嫌なんだ…と新鮮な驚きだった。それ以来カフェを見る限りそこまで普及してはなさそうなのに、扱っているお店は確実に増えている。ボン・マルシェでも特製バッグハンガーを売ってるし。(でもあまり可愛くない)

そして三代目のこの子はソニプラで買ったもの。日本は椅子の下に籠を置いてくれたりサービスもいいから、ふと入ったソニプラで見つけるとは思ってもみなかった。結構使っている人いるのかな?(でもそういえば、祖母も持っていたような気がする。。)

これが壊れたらバーの部分が折れるタイプが便利そうなんだけど、誰か使い心地を知っていたら教えて!
[PR]
by hirochotto | 2010-04-22 23:23 | France 生活
神の愛はパラシュート。
宗教の微妙な話題にオープンではない人はスルーしてね。


シャルトルのミサでのこと。キリスト教信者の半数の人が神の存在に懐疑的であるという話で、じゃあ神は存在するのか神父が暫し語った後にこう言った。

「神の愛とは、パラシュートのようなものです。」

「パラシュートは飛び降りて初めて開くものでしょう?」

e0155459_514556.jpg

周りで神妙に聞いている、というか半分寝ている信者の友達を見渡し、

「わたしなんかじゃさ、"ハイ!、信仰が足りないので開きませんでしたァ~"とか言われて開かず、あぁ~~あぁぁ~~くるくる~~と落ちて行きそうだよねえ。。」

と彼にこっそり囁くと、彼はニヤッと笑って

« La foi est un don de Dieu » (信仰は神からの贈り物だからね)と…。かわいくない!! 

そしてまた目を閉じ…、


絶対寝ていたんだと思うなあ、わたし以外の友達は。


別にアンチキリストではなく(教会で讃美歌一番歌ってるし)、彼も信仰は神の恩寵と思っているわけではなく、このパラシュートという喩に神父やら友達やらがパラシュートでパッパ飛び降りている図がやたらはっきり脳裏に浮かんでしまって…。たまに思考がヴィジュアルに押されて不謹慎になってしまいます。

しかも神父さん、ここがこの日のハイライトだったらしく妙に気合いが入ってた。

法事か何かで仏教について同じことを聞いたとしても、え?え?今、パラシュートって言った?と反応したに違いない。。
[PR]
by hirochotto | 2010-04-20 23:23 | France 生活
Cathédrale de Chartres シャルトル大聖堂
e0155459_0552191.jpg

先週の日曜日は友人8人&その子供たちと、パリから南西に90kmほどのところにあるシャルトルに集まりました。シャルトル大聖堂で働いている、神父のフィリップ伯父さんに大聖堂を案内してもらう為です。

11時のミサに合わせて現地集合をし、お昼を食べて大聖堂の見学。世界遺産でもあるシャルトル大聖堂 Cathédrale Notre-Dame de Chartres の現在の姿は、1194年の大火事以後30年かけて再建されたもの。


当時の火災を唯一逃れたのが有名な西側のファサードとクリプト(地下聖堂)です。
左の西側ファサードは「斜めに撮るとダイナミックな写真になるよ」とダミアンが撮ったもの。記念に…。右は南側ファサード↓
e0155459_112476.jpg

シャルトル大聖堂の概説はウィキペディアを見てもらって、ウィキから少し外れた話を。
まず大聖堂を見て驚くのがその大きさ。全長130m、とにかくでかい!

e0155459_16274.jpg

大して大きくもない町にこんなに大きい大聖堂を建てるということは、昔シャルトルは宗教的又は経済的要所だったのか?と思ったら、なぜ12世紀にここまで大きな大聖堂がシャルトルに建てられたのか、未だはっきりしていないらしい。

876年にシャルル二世(通称「禿頭王」…。すごく分かりやすいネーミング。。)が献上したという聖母マリアのものとされるチュニックが奉られているのだけど、マリアの聖遺物が贈られたから重要な巡礼地となりこのような大聖堂が立ったのか、既に宗教的価値が非常に高い土地だった為に聖遺物がシャルトルに贈られたのか、今でも宗教学者が研究中とのこと。

聖遺物が876年に献上されたことから分かるようにシャルトル大聖堂の歴史は長く、元々ケルト信仰の聖地だった場所に建てられた。フランス最大の地下のクリプトに下りると、大聖堂の以前の姿を見ることができる。

e0155459_191283.jpg

まずはガリア人が崇拝したケルト信仰の聖なる井戸。古代ローマ時代には、迫害されていたキリスト教徒は殺害後この井戸に投げ捨てられたらしい。そして4世紀にガロ・ローマ時代の街の外壁に沿って建てられたという最初の大聖堂の遺構も見ることができる。まさに地層のよう。

4世紀に建てられた最初の大聖堂は8世紀にアキテーヌ公のシャルトル襲撃時に焼け落ち、その後再建築された2代目は9世紀にヴァイキングに破壊され、またまた再建築された3代目(禿頭王がマリアのチュニックを献上したのはこの頃)は10世紀にノルマンディー公との戦いで燃やされる。

個人的にお気に入りだった北側ファサード。旧約聖書が描かれている。
羊を持つのは聖ヨハネ。4頭身でかわいい。

e0155459_1132169.jpg

11世紀に4代目は事故で燃えてしまい(ついてないですね…)、5代目をフルベール司教がロマネスク様式で造ったところ、12世紀にシャルトルの町全体がほぼ焼け尽きるという大火事があったもののカテドラルは被害をまぬがれる。おーっ、大聖堂の周りがすっきり!ということで今も残る西壁を付け加え、大きめに改築することにしたらしい。その後また火事があり西壁&クリプトを残して焼け、再建されたのが今の姿。中世フランスの大混乱ぶりを感じます。

そして忘れてはいけないのが、総面積2600㎡にも及ぶ176点のステンドグラス。濃い青色が有名。左のシャぺルに木の額に入ったマリアのチュニックの切れ端が飾られている。

e0155459_116353.jpg

ステンドグラスには贈り主の紋章がついているため、製作者は分からなくても寄贈者は分かるみたい。

第二次世界大戦時中にステンドグラスが壊れないよう外して保管されていたのは有名な話だけど、大聖堂の西・南・北側のファサードも保護する為に土嚢がうず高く積まれていたとのこと。当時子供だったフィリップ伯父さんは物心ついた頃からファサードを見たことがなく、シャルトルをドイツ軍から解放したアメリカ兵がトラックで大聖堂のファサードの階段にバックで乗り上げ(結構急なのに、大胆アメリカ人!)、土嚢を取り除くのを見に行ったらしい。


最後に身廊の床。フランス最大の大きさを誇るラビリンスがはめ込まれている。

e0155459_1221673.jpg

外から中心に向かって歩く道のりは261,55m。中世ではラビリンスを辿ることは巡礼と同じ意味を持ち、エルサレムまで巡礼に行く代わりになっていた。「なんだかダビンチコードみたいだねえ」と友達が言ったら伯父が一瞬嫌な顔をしたのを見ちゃったんだけど、宗教関係者にとってダビンチコードは邪道なのかしら??

四旬節の最初の金曜日(2~3月)から10月末までは毎週金曜日に椅子が除かれラビリンスの全貌が見渡せるということなので、シャルトル大聖堂に興味がある人は金曜日がお勧めです。

サンタクロースのようなフィリップ伯父さん。とても薄着。
e0155459_1412763.jpg

この見学は一カ月前から計画していたところ2週間前に叔母のお葬式という不幸があって、伯父の落胆がひどく一時は延期しようかと思ったほどだった。伯父の気分転換にもなるから是非行ってあげてと義母に言われて決行し、普通ではなかなか知り得ない話をたくさん聞けてとても勉強になりました。最近教会は見慣れてしまって足早に見学しがちだったので、たまにこうしてゆっくり時間が取れて良かったです。
[PR]
by hirochotto | 2010-04-18 23:23 | France 散策
なぜ翻訳が進まないかという話。。
最近母に頼まれて古い鍵の専門書を訳している。
全然進まないの!と泣き言を聞かされた友達も多いことと思う。

「その鍵の知識もさ、いつか人生に役立つ時があるよ」と励まされがんばっています(でもいつ?!!)が、なぜこんなにタラタラと進まないかといういい具体例があったので一つ。

今朝も出かける準備をしながら訳していたら、今までブロンズ製 en bronze と表記されていたのが « en bronze fondu »に切り替わっていることに気づいた。fonduは溶かしたという意味。

ん?、これは何やら特殊な技法? と思ってそれからネットをチェックして、蝋型を使った方法だとか双型を使った方法だとかブロンズ鋳造法の極意を学んだ。

が、ぴったりくる内容のものはない…。

ここで気づいた人はいるでしょうか?

わたしは何も気づかず引き続きフランス語サイトやら英語サイトやらを読みまくったんだけど、まだ分からない。

そこでピーン!と閃いたのがフェイスブック~!(今しがたのことなのでちょっとハイ…)
Mixiよりアクセスしていない懐かしのFacebookでフランス人の友達に聞いてみれば早いと思ったのです。誰か一人ぐらい分かるだろうと。そして、

「en bronzeとen bronze fonduの違いって何か教えて。と言ってもガロ‐ロマン時代(とはフランス人の祖先的ガリア人がローマに征服されていた頃)のことだから、そこまで精巧な技法はなかったと思うんだけど…」

と書いていて気づいたんですね。。そうよ、これは大昔のことなのよと。

もしやそれまでは青銅を鋳型に流し込むことなく、手で削っていたとか?と。

疲れた…。

古いものといえかなり凝ったものだったので、まさか手で削っていたとは思わなかったわたしのミス。。ブロンズは型にとって使うものと思っていたし。。(だって青銅器といったら銅鐸じゃない?あのカパッと型から出てきました的姿にだまされた…) そしてそれをまた確認する為に、青銅の歴史を読みまくりました。。

今朝学んだブロンズ鋳造法が披露できる機会がこの人生であるのだろうか。

そしてもう出かける時間です。今朝は何もはかどらなかったけど、いってきまーす。
こうして書くとどんなにレベルが低いんだ?!と思われそうだけど、専門外は難しい…。
[PR]
by hirochotto | 2010-04-14 12:00 | France 生活
地味だなぁ、カイワレ。。
先週お友達の家にお昼をご馳走してもらいに行ってはまったのが、バーにおいてあったもやしもどき。BIOレストランのサラダにちょちょっと混ざっているようなミニもやしが、水を張ったお皿の上に育っていて可愛い!!これいいねぇ~といじくっていたら「食べごろかな?」とか言ってささっとサラダに混ぜてくれたその気軽さもいいし。色合いも綺麗だったし。

インテリアとして楽しめてしかも食べれたらこれは最高だよ!と頭はもやしもどきで一杯のまま家に戻ると、そういえば日本でカイワレ大根の種を買ってあったことを思い出した。バーに置いたお皿の上でカイワレが育っている様子を想像して張り切って種の袋の封を切り、裏の説明を読んだら…、

「光のあたらない暗所で育成してください。」
「食べる直前に日光にあてるとおいしそうな緑になります。」

だって。

テンション下がる~。

別にカイワレを食べたいわけではなく緑として楽しみたかっただけなのに、10日間も毎日水を取り換えながら暗闇で育てるのかあ…。しかも「光のあたらない場所で」と3回も説明文に書いてある。赤の強調文字で。

それでも封を切ってしまったことだし、食べ終わったGüのガラス容器に入れ食器棚の奥に置いて育てました。食器棚の中に置いてあるのを忘れるほどの存在感の薄さだったけど、すくすく育ち食べる直前に晴れて陽の目を見たカイワレくん。

種が少なかったのか思ったよりすかすか。伸ばしすぎ?

e0155459_52310100.jpg

一日陽に当てたら好き勝手の方向に。太陽は気持ちいいよね。

e0155459_21451861.jpg

短時間だけどインテリアとして楽しめたので、もうそろそろ食べます。
なんだかこうして書いてみると、カイワレくんって植物界の蝉っぽいなあ。
[PR]
by hirochotto | 2010-04-09 23:23 | France 生活
復活祭、劇がやたらと多いような…。
この日はLundi de Pâques(復活祭の月曜日)。復活祭を祝う為に親戚で集まり、お庭に卵型のチョコレートを隠し子供が探しまわるのがPâques恒例の行事で、今年はパリ北部の郊外に住む従兄弟の家に集合した。春分後の最初の満月の後の日曜日はキリストがよみがえったとされる日(Pâques復活祭=イースター)で、その翌日の月曜日は毎年祝日です。

のんびり到着したらチョコレート探しは既に終わっていて、子供たちはそのまま庭で遊び、家の中は大人主体のおしゃべり大会へ突入。フルーツパンチ(って懐かしい響き…)を片手に回ってくる食事を摘み、胃に到達する前に食べ物を完全燃焼しているようなしゃべりっぷり。
60人ぐらいいたのだろうか、招待する家族は大変だろうなあ。

そしてデザートの頃になるとこれまた恒例、子供たちの劇です。

e0155459_5281577.jpg

親に手伝ってもらって自分たちでシナリオを書き、衣装も着替え、ミニ発表会と言った感じ。
演じる子供も見守る親もうれしそう。

Pâquesや夏に親戚で集まると必ずと言っていいほど子供たちの劇があるのだけど、フランス人って劇好きだなあと思う。ま、それは微笑ましくていいのだけど、大道芸人とか道端のパフォーマンスが大・大・大好きなのはちょっと微妙。。

最初はJMがそうなだけだと思ってたら友達もそうで、週末出かけていて何か芸をしている人を見かけると皆かぶりつけで動かなくなってしまう。

まだ観るの?!ってほど長い間じーっと動かなくなっちゃって、、待ち疲れます。
[PR]
by hirochotto | 2010-04-04 23:23 | France 生活



ライフログ
最近読んだ本 ↑
沈没期間中に「本もTVも見れないんだよね」と分かってくれる人がいると「そうなのよ~」と嬉しかったのだけど、思考能力ゼロ、この間の記憶とても薄いです…。そんな中、何度も読み返していたのが『僕とポーク』。ネットで一日一ページ読む感覚で、ちまちまちまちま絵を眺めていました。ほしよりこさんの漫画に登場する大人っぽい子供、子供っぽい大人たち、最高です。
検索

(C)2008 hirochotto. All rights reserved.

最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧