2010年12月ワンダ♂誕生☆小さな家族が少しだけ大きくなりました。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
タグ
外部リンク
<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
クリスマス、うちの場合。当日。
クリスマス本番は25日。お昼前にJMの両親の家に再び集合しました。

ツリーの下にプレゼントが山積みにされ、誰の分か分かるように昨晩置いてきた靴が置かれている。
子供たち(甥っ子&姪っ子7名、来年2人誕生予定)はわたしたち到着前に既にプレゼントを開けていたのだが、大混乱だったらしい。他の子供のプレゼントの方が良く見えてしまうのよね。

大量に撒き散らされた包装紙を片づけて、大人のプレゼントタイム。
わらわらプレゼントに群がり、びりびり豪快に包装をやぶく。
5人兄妹+両親の12人、子供と同じく混乱気味。。

e0155459_28311.jpg

彼の家族のプレゼントにかけるエネルギーはすごい。
イヴのプレゼント(本がディナーのお皿にのっている)に始まり、夫婦のプレゼント以外に彼の両親から、兄妹間で。数ヶ月前から何がほしいか聞かれるけど、そうそう欲しいものも思いつかずいつも頭を悩ます。

今年はミニココット、普段使いのフォーク、プリンターなどをお願いしました。
プリンターなんてメーカーと型番までしっかり伝え、お願いするというより注文したって感じ。

(マリー・シャルロットは来月三人目を出産予定❤ ↓)

e0155459_294973.jpg

プレゼントがひと段落すると、待ちに待ったランチ。写真はまだセット前。
Cadeaux d’assiettesといってまたお皿の上に小さなプレゼントを並べます。

テーブルにつくのは大人のみで、チビッコ陣は先に食事済み。
こういうところ、フランスって大人主体の社会だなあって思う。

e0155459_217236.jpg


メインはフランスでも七面鳥が多いようなんだけど、彼の両親はあまり好きでないようで
瓜坊marcassinを食べることが多い。(食い意地張ってテーブルの写真はナシ)

でも、フランスのクリスマスはといったらやっぱり前菜のフォアグラと生牡蠣!
フォアグラは生を買ってJMの両親が仕込んだもの。買ってくるものより断然おいしい!
残酷と思いつつも率先して食べてしまっています。メインもフォアグラでいいのに。。
生のフォアグラは12月初旬でキロ当たり45€ぐらい、クリスマスの週には100€近くに値上がりするらしい。
年明けに価格が下がるのを待って、自分たちでも作ってみようかな。

この日はこの後おしゃべりしたり、ボードゲームをしたりで気づいたら夜9時。(スタート遅かったし)
お昼が重かったということで、引き続き生牡蠣とスモークサーモンを食べた。体が牡蠣化しそう…。
[PR]
by hirochotto | 2009-12-25 23:23 | France 生活
クリスマス、うちの場合。イヴ。
Joyeux Noël ! 素敵なクリスマスを過ごされましたか?
そして国際カップルのみなさん、お疲れさま!お疲れ、自分!!

クリスマスは家族行事なので、日本で大晦日・元旦を義理の家族と過ごすようなもの。
取りあえず今年も無事に終わり、ほっと一息つきました。

イヴは教会に現地集合。今年は19時のミサで助かった。
(本格的に真夜中のミサmesse de minuitとなるとその後に永遠とディナーが続き悲惨…)
家族に写真撮っていいのよと言われたけれど、恥ずかしくて写真はナシ。

教会は満員だった。クリスマスのミサではお香をぶんぶん(鉄の丸いお香入れに鉄線がついている)回すので、教会中霧がかかっているかのよう。ぼーっとお説教を聞いていてもつまらないので張り切って讃美歌を歌うようにしているんだけど、ふと周りを見渡すと家族のメンバーが舟を漕いでたりする…。
教会で一番話を聞いているのはわたしだったりして。

ミサの後はJMの両親の家に移動してディナー。

e0155459_5425227.jpg

様々な前菜の後にオイスターのシャンパンムースがけ(オイスターはわたしたちが担当!)、
チーズを食べてブッシュ・ド・ノエル。イヴのディナーは軽め。

今回は前菜用に生のイクラを買ってみた。(それをアスパラガスのヴェリーヌにのせて食べる)
どうせ食べないだろうと一人占めするつもりが、みんなも気にいった様子でバクバク食べてくれて大正解。
フランスのイクラは瓶詰がほとんどなので、量り売りで買えるイクラは貴重です。

ディナーの後は靴を片方おいて各自の家へ帰宅。
本番は翌日。でももうお腹一杯!
[PR]
by hirochotto | 2009-12-24 23:23 | France 生活
引き続き雪景色。
パリ、とても寒いです。先週の木曜から雪空続き。
すぐやむかと思いきや、降ったりやんだりまだまだすごく寒い…。

土曜日からはクリスマス休暇の大移動が始まっているというのに電車は大混乱。
RER(パリ近郊JRみたいなもの)のA線が2週間近くストライキを続けている中、C線は脱線事故。
この事故に伴い南仏方面や夜行列車のパリ出発点、オーステルリッツ駅も閉鎖した。

e0155459_725249.jpg

一番の話題はユーロスター。
金曜日に「寒さのため」に5台が故障し、2千人がトンネルに閉じ込められた。
今日再開するまでにユーロスターに乗れず、迷惑を被った人の数は7万5千人に上る。

雪で電車が遅れるのはまだしも、故障って何?と思っていたら、電車が雪国仕様になっていなかったのが原因とのこと。ロンドンを目指す電車に粉雪が大量に入り込んで凍りつき、トンネルに入って温度が上がると共に急激に溶けだして電気系統がショートしてしまったらしい。

「今後は電車をwinterisationします」と、それ仏製英語??みたいな単語を使っていたけれど、
そもそも雪国仕様に相当するフランス語がないってことなのか?ちょっとかっこよく言ってみたとか??

ユーロスターに乗れなかった人が「冬に雪が降るのは当たり前だろう!」と怒っていたのをニュースを見ながらうなずいてしまった。フランスも結構雪降るんだから、これを機会にばっちりウィンテリザッション頼みます。
[PR]
by hirochotto | 2009-12-22 23:23 | France 生活
うまっ!、黒豆納豆。
本日のお勧めは、黒豆納豆!

その話しつこい!って言われそうだけど、まだ知らない人もいるだろうからネバネバっとお勧めします。
何がおいしいって豆々しいところ。「お豆食べてます」という食感がたまらない。

e0155459_0422256.jpg

いつもオペラにある京子で買っていて、ロンドンに移ってロンドンの京子たるジャパセンをチェックしたもののなく、この一年半納豆はほとんど食べずに過ごした。

パリに戻って早速買い込みウハウハついでにロン友ちえちゃんに報告したら、なんと韓国ショップで発見したとのこと!さすが…。もっと早く聞いてみればよかった…。


日本在の人はおいしい納豆がたくさんあるだろうけど、気が向いたら是非。
パリ在は京子(2.9€)、ロンドン在は韓国街で買い込もう!

みんなが買ってもっと多くの日本食材店で扱われますように~。
[PR]
by hirochotto | 2009-12-10 23:23 | ごはん Trop bon !
魚組、来仏。
ロン友のまりちゃん、ちえちゃんが泊りに来てくれました。

e0155459_534771.jpg

早朝にロンドンを出てパリに1泊の弾丸買い物ツアー!ということだったんだけど、鞄はどんどんお菓子(しかも大部分自宅用?)で膨れてしまっていたお茶目な二人。

夜も寒いのに車から走り出てポーズ決めてるし、二日間すごいパワーで圧倒されました。(車の中から写真を撮っていたわたし…。エッフェル塔は大晦日まで建設120年記念の特別イルミネーション中!)


e0155459_5365382.jpg
ちえちゃん、まりんこ、ようちゃんの略称魚組は、ロンドンのパン教室で知り合ったお友達。

それぞれ3人が今後やりたいこと、興味があることがはっきりしていて、旦那さんのロンドン駐在中に何かを掴もうとしている姿勢が好き。ウィンブルドンを見に行ったり、たこ焼きパーティーをしたり、楽しい思い出が一杯。

ロンドンを去るときにはお別れパーティーまでしてもらっちゃって、お世話になってばかりでした。
プレゼント大切に使ってるよ~。



魚組の写真を1つ選ぶとしたら、これ。
e0155459_5455827.jpg

ウィンブルドンでばっちり並んで写した記念写真でもなく、誰かのおうちでおしゃべりしている写真。
ガハガハ笑うまりんこの横で怪しげな金ボールを抱えるちえちゃん、ガボガボお酒をついでくれるようちゃん。

いつもこんな感じだった。


誰かが日本に帰国する前に、どこかの街(伊か西希望!!)で待ち合わせてバレエかオペラを見に行こうね。
[PR]
by hirochotto | 2009-12-07 23:23 | France 生活
ブルブルクリスマスツリー。
e0155459_3164054.jpg
12月に入り、ようやくクリスマスデコ解禁。

ロンドンで作ったクリスマスリース、カビることなく今年も無事登場です。食べてしまわなくてよかった!

(ちなみにアイシングデコケーキはロンドンと共にお別れをしました…)

e0155459_3441274.jpg
そしてお馴染みのミニミニクレッシュも。

マリア&ジョゼフとその仲間たちは25日に向けてスタンバイばっちり。毎年同じ飾り付けを出して、この子たちをちょこちょこ並べるとクリスマス感アップ。

子供の頃はクリスマスツリーを箱から出すのが楽しみだった。特にはまっていたのが電飾ではなく綿で作る雪の飾り。なぜかあれでツリーが本物っぽく見える気がしていたチビッコのわたし。



そしてメインのもみの木。

バーの上に置こうと一番小さいサイズを買ったのに、横幅が大きすぎて足元に置く羽目になりちょっと微妙な大きさ…。でも部屋が狭くならずいいかな。今年はまんまる(boule)飾りオンリーのブルブルクリスマスツリー。

e0155459_421547.jpg

フランスで売っている生のもみの木は、大体EpicéaとNordmannの二種類。
昔から使われているEpicéaは香りが強いが葉がぼとぼと落ちるので、最近は葉が長く持つNordmannを買う友達が多い。この子(Nordmann)も一週間以上経つのに、葉っぱ一枚落ちていない。

乾燥してくるにつれて香りが強くなり、サロン中がいい匂い。
でも毎年生の木を買うのってエコじゃないよね。
クリスマスが終わったら、お隣さんに暖炉の薪代わりに使ってもらおうかな。


そして最近ふと気づいたこと。11月から海外生活10年目に突入!長ーい!!
[PR]
by hirochotto | 2009-12-05 23:23 | France 生活



ライフログ
最近読んだ本 ↑
沈没期間中に「本もTVも見れないんだよね」と分かってくれる人がいると「そうなのよ~」と嬉しかったのだけど、思考能力ゼロ、この間の記憶とても薄いです…。そんな中、何度も読み返していたのが『僕とポーク』。ネットで一日一ページ読む感覚で、ちまちまちまちま絵を眺めていました。ほしよりこさんの漫画に登場する大人っぽい子供、子供っぽい大人たち、最高です。
検索

(C)2008 hirochotto. All rights reserved.

最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧