2010年12月ワンダ♂誕生☆小さな家族が少しだけ大きくなりました。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
以前の記事
カテゴリ
タグ
外部リンク
<   2009年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
夢は広がるサムのたまご、トトのこと。
お風呂に入りながらふと名案が浮かんだ。
「サムのお母さんに雌鶏を一羽貸してもらってベランダで飼ったらどうだろう!」
(ひろちゃーん、やめなさーいとブログを見た母から電話が入りそう。。)

餌にこだわっておいしいたまごを産んでもらうのだ。
ベランダにコッコ(雌鶏といったらコッコで決まり)がいて、ふとサロンにいるわたしと目が合ったら素敵だなあ~。
お庭がないから犬はだめだとしても、オウムを飼いたい。でもいつまでロンドンにいるか分からないし…。
と思うと、コッコはロンドンを去るときにはサムのお母さんに引き取ってもらえばいいので魅力的。
コッコがトトみたいに懐いたら…。妄想は膨らむ、膨らむ。。

昔は犬派で鳥などの小動物を飼う人をケケッ!と思っていたのだけど、高校のときに「いかにオカメインコは懐いて可愛いか」を友達に熱弁されて飼ったのがトト。雛から育てたからすごく懐いてくれて「鳥って空飛ぶ犬のようねえ」とメロメロだった。
家にいるときは部屋で放してして、学生のときは勉強するわたしのボールペン先にくちばしでしがみついて振り回されるのに恍惚と(ってトトが)していたり、就職してからは家で仕事をしているとノートパソコンのキーボード部分を半分以上ほいほいはがしちゃったり。
いたずら好きでかわいい思い出がいっぱい。。

トトが死んでしまったときも…。

フランスに来てから2年目ぐらいだったと思う。
トトが急に死んでしまったことは、会社のお昼過ぎに母と電話で話していて知った。
「事故だし仕方がないよね~」とかなり冷静を装って対応していたものの、電話を切った瞬間不覚にもワッと泣き出してしまった。

会社ではむしろ同僚の愚痴を聞いたり慰めたりする方なので、同じ部署の人が心配してあっという間に集まってきた。
衝動的なものだったので落ち着くのも早く冷静なってくると、なんだかみんな涙目。
人一倍優しい秘書のマリー・フランスは涙をぬぐっている。

みんなペット好きなのねえ…と思いつつも、それにしてもなんだか激しすぎる??
と思っていると、これまた感情の起伏の激しい上司のドミニックが真っ赤な目で、いつも一緒に通勤している同僚に「今日はもうヒロコと一緒に帰れ」。
なんかおかしい!!!

そう、ワッと泣き出して「mon petit oiseau, toto, est…わたしの大好きな鳥のトトが…」と言った最初の部分があまり聞こえていなかったようで、いつのまにか死んでしまったのは「長年一緒に暮らしたわたしの大好きなおじさん(=tonton。これが死語?でなかなか気づかなかった…)」という大きな誤解が。

コーヒー飲みながらみんなでブリジット・バルドーをジョークにしていたし、わたしもトトを飼う前は鳥なんてケケッ!って思ってたし…、今更言えない!
そのまま過大に同情されつつ、その日はシャルルと一緒にさっさと早退した。

とにかくトトとの思い出は濃厚なので、コッコが来たらと夢は膨らむ。
ただ疑問点は、鶏は記憶力が悪いって聞くけど、コミュニケーションはどのぐらい?
同じ鳥なんだから懐いてくれても良さそうだけど、鶏は3歩あるいたら忘れるっていうのは本当なのだろうか。

「旅行の度に僕がコッコを電車で会社まで運ぶんだねぇ」とこれまた何やら妄想してにんまりしているJMに鶏の知能について聞いてみると、「鶏って鳥だっけ?」というびっくり発言が!
以前JM父が「イルカは魚だよ」と言い切ったときもびっくりだったけど、フランス人って歩く知恵蔵とばかりにウンチク披露が大好きなのに、たまにこういう驚愕の発言をしちゃうのが笑える。
[PR]
by hirochotto | 2009-02-28 22:58 | France 生活
Six nations再び、羊に焼印。
e0155459_6592318.jpg
Six nations 3戦目対ウェールズ戦はお友達とフランス人の溜まり場Kickへ。
(2戦目はSt Valentinに重なり関心薄だった…)

男性陣はしっかり画面を見つめるものの、女性陣は試合そっちのけでしゃべりまくり、ふと気づいた頃には試合終了。
友達がテーブルを予約してくれて店一番の得等席にいながらTVに背を向けていたわたしたち…。

ハーフタイムあった?なんて言っているあたりラグビーファンにかなり申し訳なかったけど、ボロ負け予想に反して勝ってくれたフランス、よくやった!なによりおしゃべりが楽しい一晩だった。

写真は昼間に週末のお茶うけように作った羊クッキー。なかなか出番の少ない焼印をおしりに。。
[PR]
by hirochotto | 2009-02-27 23:32 | London 生活
春といえば、春餅(シュンピン)
ヨーロッパに住んでいると日本ほど季節によって野菜に変化がないので、献立に季節感を持たすよう心がけている。ナヴァラン(羊肉と春の野菜を煮込んだもの)は春、ラタトュイユは夏といったように決めて、材料は手に入っても他の季節には食べない(よう、あくまでも心がけている)。

春餅(シュンピン)も、名前から勝手に春料理に決定。(あー、でも春巻きは一年中食べたい…)
e0155459_827464.jpg

2週間ほど前に、「もう春だよ、春といえば春餅の季節だよ」と騒いでいたのに、先週はすっかり忘れていた!
ツナに先を越されたので今晩はうちでも久しぶりに挑戦。自分で作っていうのもなんだけど、やっぱりおいしい。
e0155459_8425222.jpg
付け合せはマイブームで作りまくっている「なんちゃってナムル」。

それはナムルではない!と怒られそうだけど、いんげんとしめじを茹でたものとトマトをナムル味であわせると激うま!しめじが入っているから秋冬料理(おいしいから2季節OKに。あっ、トマトは夏か…。)かな?

今のうちに食べまくらなきゃ。
[PR]
by hirochotto | 2009-02-26 23:50 | ごはん Trop bon !
サムのたまご
パリからロンドンに移った当初愕然としたこと。たまごに産卵日が記入されていない!

パリでは産まれてから10日までと決めて生で食べていたのに、これじゃぁたまごごはんが食べられな~いと一瞬暗くなった。でもスーパーの中で品質がいいと言われているWaitroseで買い物をしていることだし…、とこれまた日にちを適当に絞ってたまごごはんを食べていたところ、最近新鮮なたまごが手に入ることに!
e0155459_2352766.jpg

JMが担当している研修生サムの両親がチキンファームを持っているとのことで、買わせてもらうことにしたのです。といっても趣味で40羽ほど家の敷地で飼っているらしい。

最初は納豆で食べたら味がいまいちに思えて、「あなたの鶏は何食べてるの?」「庭走り回ってる??」等、刑事のごとく質問攻めにしたものの、今まで買っていたWaiteroseのものと食べ比べてみたらやっぱりおいしい。

明日ほしいと言えば持ってきてくれるので、おいしい上に好きな時に手に入って大感謝。
色も形もバラバラなのがまたまた好感度アップ。

余談ですが。。一時期みんなに質問しまくった顔のブツブツは、やはり大豆アレルギーみたい。
納豆を食べると翌日必ずブツブツ。。。
[PR]
by hirochotto | 2009-02-24 18:12 | London 生活
最近マフィン職人化
おべんとうを持って行きたいとJMから要望があるものの、朝がとにかく早すぎる。
そこで前もって用意できるものを…と思いついたのがマフィン。
おかずマフィンとおやつマフィンに、サラダでも食べてもらえばバランスも良さそう。
e0155459_1513698.jpg

今日作ったのは余ったチリコンカルネで作ったおかずマフィンと、柑橘類が好きなJMが喜ぶであろうブラッドオレンジマフィン。
見たものは全て食べたいJMを横目に、明日のお昼の分を残してさっさと冷凍。
いろいろ組み合わせられるよう何バリエーションか早くストックがほしいので、一回ごとに大量に作る。
それにしても冷凍って素晴らしいなぁ~と、今でも毎回冷凍する度感激。冷凍さまさま!
[PR]
by hirochotto | 2009-02-23 23:50 | ぱん・おやつ Pain, etc.
わたしが働かないで一番喜んでいるのは・・・、
ずばり、蘭。

夏に本格的にロンドンに移ってから、秋までベランダに出しっぱなしで水をたっぷり与えるという新方式を導入。
すると3鉢全てから花芽が。そのうち2鉢は花芽が2本ずつ!
12月から咲き始め、今3鉢目の花が開き始めている。
e0155459_2043316.jpge0155459_20434838.jpg

パリでは通勤前に全ての植木(今思うと植木が多すぎ…。もらってくれた友達よ、ありがとう~)に水をあげる時間なんてとてもなかった。いつも可哀想に思いながらも、キウィのように水切れを全身アピールする植木をどうしても優先してしまい、蘭はサボテン扱い。。

今まで一年に一回ぐらい(記憶も確かでない…)それぞれ一本花芽が出るだけだったのに、お水をきちんとあげるだけでこんなに成長ぶりが違うなんて…。うれしい反面、今までの自分にちょっと罪悪感。

そしてなんと今日家に戻って植木チェックをしていると、1月にお花を切った一鉢からなんとまた新たに2つの花芽が!。こんなに早い周期で花がつくと株がへたってしまうんじゃないかとちょっと心配。これが普通なのかしら。

もしやとベランダをみたら、木蓮も花がついてきた。 春はもうすぐ。
[PR]
by hirochotto | 2009-02-12 23:38 | London 生活
遠くてもシンクロ。
朝起きてメールを見たら、合言葉は「大会」の大切な友達三人がそれぞれ人生を語っていた。
今について、将来について。
e0155459_226491.jpg

3人からこんな内容が同時に入るなんて、相変わらず微妙にシンクロ。
今ではみんな別々の国に住み一年に何度も会えないけど、引き続き濃い時間を共有している。
[PR]
by hirochotto | 2009-02-11 22:22 | London 生活
なかなかなくならない花椒、麻辣だれに。
e0155459_23323679.jpg
人にまであげておきながら、登場場面の少ない花椒。
新しいレパートリーを増やすべく、先週麻辣麺に挑戦した。
レシピはウー・ウェンさん。これまた友達に勧めておきながら、写真を見るだけで満足しちゃっていて(ありがち…)今回初登場。

麺は既製品を使ってしまったんだけど、勝手に蒸し鶏をのっけてボリュームアップ。混ぜると真っ赤、舌はピリピリ…、、大満足!


麻辣だれが余ってしまったので、鶏腿肉を一晩漬けてみた。今回のお勧めはこれ。大当たり!
e0155459_23521789.jpg
花椒感アップで口の中はしびれて大変ながら、それがおいしい~。
子羊の腿肉でも漬けたらちゃんとしたおもてなしになるし、友達を家に呼ぶとき前日に準備できるし。

Gigotの新しい味付けがほしいなあっと思っていたところだったので、これから重宝しそう。
[PR]
by hirochotto | 2009-02-10 23:11 | ごはん Trop bon !
冬といえば、Six Nations。
今年もやってきました、Six Nations
ヨーロッパ強豪6カ国によるラグビーの総当たり戦が今週末からスタート。
去年のこの時期はシャモニーにスキーに出かけていて、ゲレンデを降りると同時に試合を見るべくバーに飛び込んだ。スキー疲れにお酒の勢いも手伝って、大はしゃぎの楽しい思い出。

さて初戦の今日は、フランス人仲間とお昼を食べ、フランスvs.アイルランド戦をパブに見に行くことになった。Bayonne出身のジャンがパエリアを振舞ってくれるというので、彼の家に12時過ぎ集合。
が、試合は17時開始ということなので、自然にみんな14時過ぎにバラバラと到着。
試合が17時なら14時着で十分じゃない?とみんなが同じ結論に至ったのがおもしろい。
ジャンお手製のパエリアをたらふく食べ、ワインでいい気分になったところで10数名でぞろぞろとパブへ移動した。

South Kensingtonというフランス人が多く住む土地柄もあって、パブではフランス語がさかんに飛び交わっている。わたしたちにはアイルランドはあまり強くないというイメージがあり、「アイルランド人も試合見に来てるのかね~」と何やら楽勝ムード。
試合開始を待つ間、TVには過去の試合の様々な統計がテロップで流れる。
アイルランドとのフランスの過去の対戦成績は51勝28負5引き分け。嫌でも盛り上がる楽勝ムード。

そして試合開始。
先取点を取られたもののフランスもトライを決め、選手にもわたしたちにもまだまだ余裕有り。
前半はリードされたまま終了したものの、「フランスチームはプレッシャーに強いからね~」(これには賛否両論。わたしはかなり疑問…)等、銘々思うところを勝手に語り後半開始。

そしてしばらくすると、明らかにフランスが押されている…。

「Allez, les bleus!(フランスがんばれ!)」というわたしたちの掛け声が、「Mais faites quelque chose!(ちょっとぼさっとしてないで何かして~!)」という悲痛な声援に変わる頃、パブ内ではアイルランド国歌がわんわん響き渡ってわたしたちの声援をかき消して。。。30-21でみごと負けました。

あれはレフリーが悪い等文句を言いつつも、大人らしくアイルランドに拍手をして退散。
それにしてもあんなにアイルランド人が来ているとは思わなかった。

次回は一週間後のスコットランド戦。こちらも楽勝予定。
[PR]
by hirochotto | 2009-02-07 23:35 | London 生活
シベリア寒気が流れ込む?
日曜からパラパラと雪空。
シベリア寒気が来る!という噂通り、朝起きたら外は真っ白。引っ切り無しに雪が降っている。
「これじゃ電車がなくて会社は休みだなァ~♪」と、何やら余裕でひろしはいつもより随分遅く出発。
ロンドン市内のバスは全線ストップ、地下鉄は大幅に遅れたり止まっている。
しかしなぜか彼の乗る郊外向けの鉄道は問題なく、「電車あったよ…」と寂しいsmsを残して1時間半もかかる職場に向けて旅立っていった。
e0155459_4283328.jpg
かわいそうだけどがんばって働いてもらわねばと励ましのsmsを返信して、わたしは家でまったり。
一体いつまで降るつもりなのかと心配になるほどせっせと一日中降っていた。

← 外はぞっとするほど寒そうだったので、窓から携帯でパシャリ。駐車場とテニスコートがすっぽり雪に覆われている。この車の数を見る限り、みんな会社はお休みかも。


その晩夜ごはんを食べ終えてのんびりしていると、10時ごろ建物全体が突然停電してしまった。

冷凍庫が心配だったものの、「閉めておけば普通13~14時間はそのまま問題ないんだよ」(ってこれは常識?どこから得た知識??)とJMに言われたので安心してベッドに入ると、あれ?ガス暖房なのに暖房も止まっている…。温度設定のパネルが電気で動くためか、電気と一緒に暖房も止まってしまったらしい。

これにはふたりともむむむっ…。
が、それも一瞬で、どちらともなく「ま、いざとなったら寝袋があるし」とここはアウトドア派の余裕。
大昔に天山山脈で雪の上にテントを張り怖ろしく寒かった思い出などを語りつつ、あっという間に眠りについた。

しかし夜中の2時頃、「あぁぁあ、眩しくて眠れない!!」とひろしの悲痛な声が…。
気がつくとフラット中の電気が煌々とついている…。
停電に惑わされ、電気を消さなかったのは失敗だった。

そして翌朝は朝一番、
「ロンドン麻痺してる~?」と勝ち組気分のデンマークの友達からのうれしそうなsmsが…。
ヨーロッパを覆ったシベリア寒気、ロンドンに比べたらパリでもそこまで雪は降らなかった様子。
その上冬はどんよりのコペンよりも天気が悪かったなんて~!
普段雪の少ないロンドンで雪に降られるなんて、ついてないのか、ありがたいのか。。
[PR]
by hirochotto | 2009-02-02 23:14 | London 生活



ライフログ
最近読んだ本 ↑
沈没期間中に「本もTVも見れないんだよね」と分かってくれる人がいると「そうなのよ~」と嬉しかったのだけど、思考能力ゼロ、この間の記憶とても薄いです…。そんな中、何度も読み返していたのが『僕とポーク』。ネットで一日一ページ読む感覚で、ちまちまちまちま絵を眺めていました。ほしよりこさんの漫画に登場する大人っぽい子供、子供っぽい大人たち、最高です。
検索

(C)2008 hirochotto. All rights reserved.

最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧