「ほっ」と。キャンペーン
2010年12月ワンダ♂誕生☆小さな家族が少しだけ大きくなりました。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
以前の記事
カテゴリ
タグ
外部リンク
J Sheekey
パリ友オドレーが、旦那さんのファブリスとロンドンに遊びに来た。
オドレーはサリマと共に前の会社の仲良し三人組、通称les grosses(デブっちょ)。
お互いsalut~, la grosse!(ハーイ、デブっちょ!)と呼び合う仲。

今では笑い話だけれど、すぐに意気投合したサリマと違い、オドレーとは仕事を始めた当初は仕事方針の違いにほぼ毎日激しく議論(というか口論…)を繰り返していた。
お互いの頑固さにうんざりだったけれど、仕事に対して真剣だからムキになっていると気づいてからは急速に仲良しに。モチベーションがどんどん下がっていく会社の中で、がんばってこれたのは彼女たちのおかげ。
わたしがロンドンに移った数ヶ月後オドレーも転職し、仕事も家庭も益々充実して元気一杯だった。
前の会社での苦労を見ている分、新しいポストで活躍している彼女を見るのは本当にうれしい。

以前ファブリスがロンドン在だったので、観光そっちのけでショッピング(ポンド安のため、ブランド品はパリに比べ-30%)をし、夜は魚介類が大好きなオドレーたっての希望でJ Sheekeyへ。
(自然体でお願いと言ってるのに、カメラから目が離せない3人…。↓)
e0155459_19504866.jpg

海の幸盛り合わせ(Plateau de Fruits de Merって英国でも仏語でいうみたい)もメインのお魚も、これぞイギリスとばかりの大きさにお腹一杯。フランス人と海鮮類を食べてラッキーなのが、カニ味噌を気持ち悪がって食べない人が多いこと。今回も独り占め、鱈腹堪能しました。

e0155459_209158.jpg
デザートは引き続きポジティブ期間なので、イギリスに行ったら絶対食べるな!と指示されていたプディング、Spotted Dick(スポティッド・ディック)に挑戦。ドライフルーツ入りのプディングに、ぼったりカスタードをたっぷりかけて食べる。

(写真はJ Sheekeyのサイトから。ここにカスタードをたっぷりと…)


出てきたデザートの見た目に「まずそ~」と思っているところに、「これとそっくりなのをドイツで食べるんだよ!」とコルシカ&ドイツ人のハーフのファブリスがごきげんにまくし立てる。
えぇぇぇ、ドイツ料理に似てるなんて!、選択失敗したかも…?っと内心思いつつ、食べたらとてもおいしくて大満足でした。
[PR]
by hirochotto | 2009-03-14 23:41 | London 生活
<< バヌトンで、早速ウリ坊。 初恋の人からの手紙 >>



ライフログ
最近読んだ本 ↑
沈没期間中に「本もTVも見れないんだよね」と分かってくれる人がいると「そうなのよ~」と嬉しかったのだけど、思考能力ゼロ、この間の記憶とても薄いです…。そんな中、何度も読み返していたのが『僕とポーク』。ネットで一日一ページ読む感覚で、ちまちまちまちま絵を眺めていました。ほしよりこさんの漫画に登場する大人っぽい子供、子供っぽい大人たち、最高です。
検索

(C)2008 hirochotto. All rights reserved.

最新のトラックバック
人気ジャンル
記事ランキング
画像一覧