2010年12月ワンダ♂誕生☆小さな家族が少しだけ大きくなりました。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
タグ
外部リンク
イースターはノルマンディーへ。
4月末からすっかりバカンス気分です。

今から秋までがヨーロッパのベストシーズン。友達家族とピクニックをしたり、お互いの家で週末を過ごしたり。。ロンドンで懐かしく思っていたパリの早い夏を満喫しています。


そのスタートを切ったのが、パックことイースター(復活祭)。
ノルマンディーのJMの両親の家に4泊してきました。ワンダにとって初めての遠出です。

JMは兄弟が多いので、孫は11人。ワンダはナンバー11だけど、秋には12人目誕生予定。
まだまだ従兄妹が増えそう。

e0155459_20242118.jpg


2010誕生組。ワンダは眠くて茫然、どっかにいってしまっている。。
相変わらず白大福くん。

e0155459_2025518.jpg


12月生れのワンダから左周りに1月生れ、10月生れ、5月生れ。
1月生れの子はもう歩いているのに、同じ学年になるなんて不思議。


子供たちはブランコで遊んだり、
(フォトジェニックなアルベール。この足の曲がり具合とか、やたら可愛い)

e0155459_2026161.jpg


砂場で遊んだり。わらわら…。

e0155459_20263559.jpg

自転車を乗り回したりサッカーをしたりと自然を満喫する子供たちですが、一番のお目当てはイースター恒例のチョコ探し。


昔キリスト教徒は四旬節(復活祭前日までの40日間)の間に断食をしたり卵を食べなかったりしたそう。復活祭(春分後の最初の満月の次の日曜日)直前の木曜日のミサから教会の鐘はローマに旅立つ(出雲に行く感じ?)為に鳴り潜め、キリストの死を弔う。復活祭前夜に教会の鐘はチョコレートをお土産に戻り鐘の音と共にそこらの庭にチョコを撒き散らし、キリストの復活と共に節食の終わりを祝うのだそうです。(ちょっと違うかも…)
e0155459_20272792.jpg


庭に吊るした鐘が鳴ると、チョコレートを探しにまっしぐら。わらわらわら…。







オララララ~

前述のアルベールが「鐘さんありがとう!!」と独り言をいいながら必死でチョコを拾っていたのがめちゃくちゃ可愛かった。


この間ぼーっとしていたワンダ。
来年はチョコに向かって走っているかな。
[PR]
by hirochotto | 2011-05-09 14:00 | France 散策
<< イースター続き、ハッピーバースデー! べべの帽子を編み編み・・・ >>



ライフログ
最近読んだ本 ↑
沈没期間中に「本もTVも見れないんだよね」と分かってくれる人がいると「そうなのよ~」と嬉しかったのだけど、思考能力ゼロ、この間の記憶とても薄いです…。そんな中、何度も読み返していたのが『僕とポーク』。ネットで一日一ページ読む感覚で、ちまちまちまちま絵を眺めていました。ほしよりこさんの漫画に登場する大人っぽい子供、子供っぽい大人たち、最高です。
検索

(C)2008 hirochotto. All rights reserved.

最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧