2010年12月ワンダ♂誕生☆小さな家族が少しだけ大きくなりました。
Top
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
タグ
外部リンク
地味だなぁ、カイワレ。。
先週お友達の家にお昼をご馳走してもらいに行ってはまったのが、バーにおいてあったもやしもどき。BIOレストランのサラダにちょちょっと混ざっているようなミニもやしが、水を張ったお皿の上に育っていて可愛い!!これいいねぇ~といじくっていたら「食べごろかな?」とか言ってささっとサラダに混ぜてくれたその気軽さもいいし。色合いも綺麗だったし。

インテリアとして楽しめてしかも食べれたらこれは最高だよ!と頭はもやしもどきで一杯のまま家に戻ると、そういえば日本でカイワレ大根の種を買ってあったことを思い出した。バーに置いたお皿の上でカイワレが育っている様子を想像して張り切って種の袋の封を切り、裏の説明を読んだら…、

「光のあたらない暗所で育成してください。」
「食べる直前に日光にあてるとおいしそうな緑になります。」

だって。

テンション下がる~。

別にカイワレを食べたいわけではなく緑として楽しみたかっただけなのに、10日間も毎日水を取り換えながら暗闇で育てるのかあ…。しかも「光のあたらない場所で」と3回も説明文に書いてある。赤の強調文字で。

それでも封を切ってしまったことだし、食べ終わったGüのガラス容器に入れ食器棚の奥に置いて育てました。食器棚の中に置いてあるのを忘れるほどの存在感の薄さだったけど、すくすく育ち食べる直前に晴れて陽の目を見たカイワレくん。

種が少なかったのか思ったよりすかすか。伸ばしすぎ?

e0155459_52310100.jpg

一日陽に当てたら好き勝手の方向に。太陽は気持ちいいよね。

e0155459_21451861.jpg

短時間だけどインテリアとして楽しめたので、もうそろそろ食べます。
なんだかこうして書いてみると、カイワレくんって植物界の蝉っぽいなあ。
[PR]
by hirochotto | 2010-04-09 23:23 | France 生活
<< なぜ翻訳が進まないかという話。。 復活祭、劇がやたらと多いような…。 >>



ライフログ
最近読んだ本 ↑
沈没期間中に「本もTVも見れないんだよね」と分かってくれる人がいると「そうなのよ~」と嬉しかったのだけど、思考能力ゼロ、この間の記憶とても薄いです…。そんな中、何度も読み返していたのが『僕とポーク』。ネットで一日一ページ読む感覚で、ちまちまちまちま絵を眺めていました。ほしよりこさんの漫画に登場する大人っぽい子供、子供っぽい大人たち、最高です。
検索

(C)2008 hirochotto. All rights reserved.

最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧