2010年12月ワンダ♂誕生☆小さな家族が少しだけ大きくなりました。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
タグ
外部リンク
国際農業見本市中に出るミルクは?
やっぱりノクチューン(一日だけ特別夜遅く空いている日)に行かなきゃ!と友達に熱心に誘われ…、Salon de l’agriculture国際農業見本市に行ってきました。どんだけ盛り上がるのかと半信半疑で出かけたら、夜に関わらずチケット売り場は大行列。この日は特別23時まで開いているので、仕事帰りに牛でも眺めながら一杯飲もうと集まった大人たちがわんさか。

e0155459_411352.jpg

毎年開かれるこの見本市は、農業関係者にアピールする為に政治家も競って繰り出す大イベントです。ごきげんにワインやらチーズやら飲み食べまくり、出展者と握手をしまくっていたシラク。見本市が票集めに貢献していたこと間違いなし。それに引き換え二年前に不支持の人にからまれ「casse toi, pauvre con失せろバカ野郎」発言をしてしまったサルコーは、今年は最終日にこっそり足を運んだようです。

e0155459_4111574.jpg

展示は各地方・各国の名産物から動物まで1000以上のブースが並び、様々な植物を眺めたり、蟹の競りに参加したりなどイベントも盛りだくさん。

e0155459_4133497.jpg

でもなんと言っても見どころはブタ・羊・牛。
この3種は種類が豊富でフランスの動物園より何十倍楽しい。

今回連れて行ってくれた友達は今は違う分野のエグゼクティブながら「俺には農業の血が流れている」ことを誇りにしているジェージェー。無料ガイドと化して仕切ってくれました。

大好きな牛が見たいだけだったのに、まずブタ、次は羊と説明が細かい。。
しかもさすがエグゼクティブというか、各品種の収益率なんかを滔々と語ってくれてね。。
牛にたどり着く前に腰が痛くなってきてあわや脱落するかと思った。。

e0155459_418947.jpge0155459_4182571.jpg

最後にやっと牛コーナーに到着。かわいいね~、牛!
何が好きってじっと見つめてくるあの目と、この短毛ぶり。
牛にせよ、ペンギンにせよ、はたまたうちのワンコのマロンにせよ、短毛動物の腿って素敵…

e0155459_4191268.jpg

と生き返ったようにパシャパシャ写真を取っているとジェージェーの説明にも気合いが入り、一生役に立たなそうなウンチク、いや失礼、知識を教えてくれました。

「肩に肉が盛り上がっている牛はだめ、肉がおしりについているものがいい」とか。
(将来モザンビークにでも住んで、晴れて牛を一頭買う生活になったらお尻を見ます)

はたまた「シャロレー牛みたいに巨大になると、自然に繁殖することは不可能」とか。

テーブルでも披露できないようなウンチクなので、この場を借りて伝えておきます。

e0155459_4205814.jpg

唯一ほぉぉと思ったのは、牛たちのミルクの話。
出展者は一番いい牛を連れてくるので、中には年間17000リットルミルクを出す牛も。
見本市中ももちろん毎日ミルクを絞るので、それを知っているパリジャンは朝晩ミルクをもらいに集まるそうです。

e0155459_4202256.jpg

ポイントを押さえた後は待ちに待ったディナー。
フランスのみならず様々な国が出店しているので、特産品を求めてブースを回った。
ロシアのキャビアとウォッカ最高~。おいしいウォッカって口当たりがとてもいい。

e0155459_4221564.jpg

サラミをつまみながらペルーのカクテルを飲んだり、フランス海外県のラムを飲んだり。。
アぺロを堪能した後テーブルについたのは既に閉会時間の23時近く。

e0155459_4224518.jpg

そしてわたしたちが帰ったのは0時過ぎ。
「閉まります」と繰り返し流れる館内放送もなんのその、最大の盛り上がりを見せてました。

ノクチューン、確かにお勧め!
[PR]
by hirochotto | 2010-03-05 23:23 | France 生活
<< 春の準備。 干しきのこのススメ。 >>



ライフログ
最近読んだ本 ↑
沈没期間中に「本もTVも見れないんだよね」と分かってくれる人がいると「そうなのよ~」と嬉しかったのだけど、思考能力ゼロ、この間の記憶とても薄いです…。そんな中、何度も読み返していたのが『僕とポーク』。ネットで一日一ページ読む感覚で、ちまちまちまちま絵を眺めていました。ほしよりこさんの漫画に登場する大人っぽい子供、子供っぽい大人たち、最高です。
検索

(C)2008 hirochotto. All rights reserved.

最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧