2010年12月ワンダ♂誕生☆小さな家族が少しだけ大きくなりました。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
カテゴリ
タグ
外部リンク
暴風雨Xynthia、その後。
日本のチリ地震による津波警報とちょうど同じ頃かな?、フランスでは土曜の晩から日曜にかけて暴風雨警報が出ていました。暴風雨ジンティア Xynthiaがスペインから大西洋を北上した為です。

翌日ニュースで見た光景は、ポニョのラストのよう。
家が海にのみ込まれ、見えるのは屋根ばかり。。

大西洋が低気圧に覆われていたところに内陸で最大160km/h、海沿いでは230km/hにも達する強風、そして大潮が重なり、現時点で死者51人、行方不明者8人の被害。一番被害の多かったボルドーの北に位置するヴァンデ県Vendéeでは、堤防が明け方3時頃崩壊し瞬く間に海水に飲み込まれてしまった町がいくつも。日本では津波に備えて人々が避難しているとニュースが流れていたのだけど、フランスでも避難していたらと思わずにはいられない。


最初のショックが一段落し、関心が高まってきているのが堤防の安全性。
両脇どっぷり海の中、壊れていながらも道と化した堤防を被害を被った女性が歩いている。

「この堤防1788年のものなのよね?保全管理しないとどうしょうもないわよねえ?」

うんざりした様子で淡々と語っていたけど、その頃はナポレオンの時代です…。

もちろん維持管理はされていたのだが、部分的に修理されるだけで大々的な修繕対策は予算上から常に後回しにされてしまっていたらしい。堤防対策に取り掛かることになったボルロー環境相に期待しよう。



さて、大西洋から遠く離れた我が家では。


土曜日の夜中に偶然目を覚ましたらすごい風の音。
ガラスが壊れるから雨戸を閉めようかと考えてしまうほどの強風だった。

そして翌朝クロワッサンを買うために一足先に起きたJMが窓から駐車場を見下ろし、
「あぁー、駐車場の屋根が飛んでる!」。。
そりゃ困る!と飛び起きた。でもうちではなく隣人さんだったのでセーーーフ。

何故かというと我が市では緑化対策を強力に進めているのです。その為アパルトマンに1000m2程の中庭(といっても古いボックスタイプの駐車場が並んでいるだけ)があるのだけど、修復は可でも完全に取り壊しての立て直しは不可と勝手に決められてしまった。なのでもしも暴風に直撃されて全ての駐車場が吹っ飛んでしまうということが(ほぼありえないけど)あったら、駐車場スペースは芝生スペースか何かになってしまう(けどあくまでも私有地)ので、びっくりした訳でした。

横のアパルトマンの駐車場が庭になったら目の前に緑が増えてうれしいけど、自分の駐車場が庭に変身というのは…、困ります。。
[PR]
by hirochotto | 2010-03-01 19:15 | France 生活
<< 干しきのこのススメ。 もはやお約束…?では困る。 >>



ライフログ
最近読んだ本 ↑
沈没期間中に「本もTVも見れないんだよね」と分かってくれる人がいると「そうなのよ~」と嬉しかったのだけど、思考能力ゼロ、この間の記憶とても薄いです…。そんな中、何度も読み返していたのが『僕とポーク』。ネットで一日一ページ読む感覚で、ちまちまちまちま絵を眺めていました。ほしよりこさんの漫画に登場する大人っぽい子供、子供っぽい大人たち、最高です。
検索

(C)2008 hirochotto. All rights reserved.

最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧