2010年12月ワンダ♂誕生☆小さな家族が少しだけ大きくなりました。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
カテゴリ
タグ
外部リンク
クリスマス、うちの場合。当日。
クリスマス本番は25日。お昼前にJMの両親の家に再び集合しました。

ツリーの下にプレゼントが山積みにされ、誰の分か分かるように昨晩置いてきた靴が置かれている。
子供たち(甥っ子&姪っ子7名、来年2人誕生予定)はわたしたち到着前に既にプレゼントを開けていたのだが、大混乱だったらしい。他の子供のプレゼントの方が良く見えてしまうのよね。

大量に撒き散らされた包装紙を片づけて、大人のプレゼントタイム。
わらわらプレゼントに群がり、びりびり豪快に包装をやぶく。
5人兄妹+両親の12人、子供と同じく混乱気味。。

e0155459_28311.jpg

彼の家族のプレゼントにかけるエネルギーはすごい。
イヴのプレゼント(本がディナーのお皿にのっている)に始まり、夫婦のプレゼント以外に彼の両親から、兄妹間で。数ヶ月前から何がほしいか聞かれるけど、そうそう欲しいものも思いつかずいつも頭を悩ます。

今年はミニココット、普段使いのフォーク、プリンターなどをお願いしました。
プリンターなんてメーカーと型番までしっかり伝え、お願いするというより注文したって感じ。

(マリー・シャルロットは来月三人目を出産予定❤ ↓)

e0155459_294973.jpg

プレゼントがひと段落すると、待ちに待ったランチ。写真はまだセット前。
Cadeaux d’assiettesといってまたお皿の上に小さなプレゼントを並べます。

テーブルにつくのは大人のみで、チビッコ陣は先に食事済み。
こういうところ、フランスって大人主体の社会だなあって思う。

e0155459_217236.jpg


メインはフランスでも七面鳥が多いようなんだけど、彼の両親はあまり好きでないようで
瓜坊marcassinを食べることが多い。(食い意地張ってテーブルの写真はナシ)

でも、フランスのクリスマスはといったらやっぱり前菜のフォアグラと生牡蠣!
フォアグラは生を買ってJMの両親が仕込んだもの。買ってくるものより断然おいしい!
残酷と思いつつも率先して食べてしまっています。メインもフォアグラでいいのに。。
生のフォアグラは12月初旬でキロ当たり45€ぐらい、クリスマスの週には100€近くに値上がりするらしい。
年明けに価格が下がるのを待って、自分たちでも作ってみようかな。

この日はこの後おしゃべりしたり、ボードゲームをしたりで気づいたら夜9時。(スタート遅かったし)
お昼が重かったということで、引き続き生牡蠣とスモークサーモンを食べた。体が牡蠣化しそう…。
[PR]
by hirochotto | 2009-12-25 23:23 | France 生活
<< 栗ん子ロール、にゃおーん。 クリスマス、うちの場合。イヴ。 >>



ライフログ
最近読んだ本 ↑
沈没期間中に「本もTVも見れないんだよね」と分かってくれる人がいると「そうなのよ~」と嬉しかったのだけど、思考能力ゼロ、この間の記憶とても薄いです…。そんな中、何度も読み返していたのが『僕とポーク』。ネットで一日一ページ読む感覚で、ちまちまちまちま絵を眺めていました。ほしよりこさんの漫画に登場する大人っぽい子供、子供っぽい大人たち、最高です。
検索

(C)2008 hirochotto. All rights reserved.

最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧