2010年12月ワンダ♂誕生☆小さな家族が少しだけ大きくなりました。
Top
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
タグ
外部リンク
ブルブルクリスマスツリー。
e0155459_3164054.jpg
12月に入り、ようやくクリスマスデコ解禁。

ロンドンで作ったクリスマスリース、カビることなく今年も無事登場です。食べてしまわなくてよかった!

(ちなみにアイシングデコケーキはロンドンと共にお別れをしました…)

e0155459_3441274.jpg
そしてお馴染みのミニミニクレッシュも。

マリア&ジョゼフとその仲間たちは25日に向けてスタンバイばっちり。毎年同じ飾り付けを出して、この子たちをちょこちょこ並べるとクリスマス感アップ。

子供の頃はクリスマスツリーを箱から出すのが楽しみだった。特にはまっていたのが電飾ではなく綿で作る雪の飾り。なぜかあれでツリーが本物っぽく見える気がしていたチビッコのわたし。



そしてメインのもみの木。

バーの上に置こうと一番小さいサイズを買ったのに、横幅が大きすぎて足元に置く羽目になりちょっと微妙な大きさ…。でも部屋が狭くならずいいかな。今年はまんまる(boule)飾りオンリーのブルブルクリスマスツリー。

e0155459_421547.jpg

フランスで売っている生のもみの木は、大体EpicéaとNordmannの二種類。
昔から使われているEpicéaは香りが強いが葉がぼとぼと落ちるので、最近は葉が長く持つNordmannを買う友達が多い。この子(Nordmann)も一週間以上経つのに、葉っぱ一枚落ちていない。

乾燥してくるにつれて香りが強くなり、サロン中がいい匂い。
でも毎年生の木を買うのってエコじゃないよね。
クリスマスが終わったら、お隣さんに暖炉の薪代わりに使ってもらおうかな。


そして最近ふと気づいたこと。11月から海外生活10年目に突入!長ーい!!
[PR]
by hirochotto | 2009-12-05 23:23 | France 生活
<< 魚組、来仏。 額縁探しにクリニャンクール。 >>



ライフログ
最近読んだ本 ↑
沈没期間中に「本もTVも見れないんだよね」と分かってくれる人がいると「そうなのよ~」と嬉しかったのだけど、思考能力ゼロ、この間の記憶とても薄いです…。そんな中、何度も読み返していたのが『僕とポーク』。ネットで一日一ページ読む感覚で、ちまちまちまちま絵を眺めていました。ほしよりこさんの漫画に登場する大人っぽい子供、子供っぽい大人たち、最高です。
検索

(C)2008 hirochotto. All rights reserved.

最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧