2010年12月ワンダ♂誕生☆小さな家族が少しだけ大きくなりました。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
カテゴリ
タグ
外部リンク
Inglourious Basterds イングロリアス・バスターズ
e0155459_17542580.jpg
近所に宣伝のポスターが大々的に貼り出され、
気になっていたタランティーノの新作。
先週ロンドンで封切されたので、早速見てきました。
第二次大戦中のフランスを舞台に、ブラッド・ピット率いるナチス狩りチームBastardsとナチス将校ランダの駆け引きといった話。

そこにタランティーノならではたくさんの脇役が絡んでくるんだけれど(女優が互角で素晴らしい!)、中でもナチス将校役のクリストフ・ヴァルツが、憎たらしいのにチャーミングで最高。

タランティーノ特有の「異様に個性的な出演者が、どうでもいいことをタラタラしゃべり続ける…」といった役柄を久しぶりに見た感じ。カンヌで男優賞を取ったというのも納得の演技で、ブラピが霞んで影薄かった。。


痛~いシーンも多くてちょくちょく横を向いていたけれど、最近わたしの中で下降気味だった
タランティーノの株もやっとアップ。

懐かしの『Reservoir Dogs』、『Pulp Fiction』辺りのタランティーノファンにお勧め!
[PR]
by hirochotto | 2009-08-29 23:23 | 映画・本 Cinema, etc.
<< ノッティングヒル・カーニバル そして、 >>



ライフログ
最近読んだ本 ↑
沈没期間中に「本もTVも見れないんだよね」と分かってくれる人がいると「そうなのよ~」と嬉しかったのだけど、思考能力ゼロ、この間の記憶とても薄いです…。そんな中、何度も読み返していたのが『僕とポーク』。ネットで一日一ページ読む感覚で、ちまちまちまちま絵を眺めていました。ほしよりこさんの漫画に登場する大人っぽい子供、子供っぽい大人たち、最高です。
検索

(C)2008 hirochotto. All rights reserved.

最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧