2010年12月ワンダ♂誕生☆小さな家族が少しだけ大きくなりました。
Top
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
タグ
外部リンク
Gasometer、知識の落とし穴
LimehouseからBroadway Marketまで、Regent’s Canal沿いをテイスティングしながら歩くというイベントがあったので、家から近いことだし張り切って出かけてみた。

e0155459_457546.jpg
が、とにかく暑っつい…。
そして思ったよりたくさんの人がいて、各ポイントで食べ物や飲み物をもらうのに列を作っている。。列に並ぶ根気はなく、最初の1~2つ試したところでこのイヴェントは忘れることに…。

運河沿いを歩いて真っ直ぐBroadway Marketに向かい、いつものL’eau à la Boucheでまったり。。




週末にふらっと足が向くBroadway Marketなんだけど、この地区を散策して迷わない為の道標がこれ。
最初は常設サーカスかな?って思ったら、1850年代(?)に建てられたというGasometerことガスタンク。

この古さが周りから抜きん出て、逆にSFっぽくてお気に入り。

e0155459_4551989.jpg


ガスタンクをサーカスだと思ったり、(でもこれは上級ウンチクだよね??)
わたしの常識には所々大きな落とし穴がある。
というか、知識として習っても実感が沸かず信じられなくて、知識からすり落ちた的なこともしばしば。


高速道路に信号がないのを実感したのも、日本で仕事を始めて2年目ぐらいの頃だった。
残業が多くタクシーカードを持たせてもらっていたので、終電近くになるとじゃあ2時までがんばってタクシーで帰ろう!とちょくちょくタクシーで帰宅をしていた。

そんなある晩タクシーに乗り、外を見ながら、
「いつもお世話になっています。タクシーだと帰りが早くて本当に助かります」とかなんとか言うと、

「そうだよね、高速道路は信号がないからあっという間だよね」と運転手さん。

えぇぇ??高速道路は信号がないんだ!っと興奮して(疲れてハイだったのか、何かこの時やたらと実感した)、この発見を誰かに教えてあげなきゃ!と思ったものの、この時間に起きているっていえば同時に帰った社長ぐらい。

じゃっ、取りあえず社長に!と携帯にメールを入れると、新米のおかしな発言にも懐の深い人だったので、
「そうですよね~、交差点がないからね~」という返事。

そうか、信号も交差点もないのか!とますます興奮し、
(交差点がないから信号がないとは思いもしなかった、当時ペーパードライバーだったわたし…)
こりゃ、誰かに伝えたい!とこの時間でも起きているフランスの同僚にメールをしたのでした。

そして今思えば笑えるのが、「酔っ払ってるの~」などという回答の中、
「僕は信号がある高速道路を知ってるよ~!」と得意げな返事を送ってきたのはJM。

もちろん翌日得意げに社長に報告しました。
この子はあれから一体夜中に何をやっていたんだろうかとか思われていたんだろうなあ。


さて、(って誰も興味がないかもしれないけれど…)
その信号がある高速道路はというのは、

フランスからイタリアに抜ける、モンブラン・トンネルです。(ミニウンチク披露)

雪崩の危険も考え、トンネルの中を車がスムーズに通り抜けるよう、一定以上の車がトンネルに入らないよう入り口に信号がついている。

だけ。

通ったことあるんだけど、内心の期待に反して特に深い感慨もなし。信号は単なる信号だしね…。
[PR]
by hirochotto | 2009-08-23 23:23 | London 生活
<< The Wolseley、お抹... The Wapping Pro... >>



ライフログ
最近読んだ本 ↑
沈没期間中に「本もTVも見れないんだよね」と分かってくれる人がいると「そうなのよ~」と嬉しかったのだけど、思考能力ゼロ、この間の記憶とても薄いです…。そんな中、何度も読み返していたのが『僕とポーク』。ネットで一日一ページ読む感覚で、ちまちまちまちま絵を眺めていました。ほしよりこさんの漫画に登場する大人っぽい子供、子供っぽい大人たち、最高です。
検索

(C)2008 hirochotto. All rights reserved.

最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧