2010年12月ワンダ♂誕生☆小さな家族が少しだけ大きくなりました。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
カテゴリ
タグ
外部リンク
ミキュイ・オ・ショコラ
先週キッチン用品のお店が多く並ぶClapham Junctionで、暫く前から探していたセルクルを発見。
これで好きな時にmi-cuit au chocolatが食べれる!早速初挑戦。

真ん中を突っついたらとろ~とチョコレートが流れ出た。簡単なのにおいしい~。
e0155459_549945.jpge0155459_5495055.jpg


セルクルを買ったときに友達に聞かれた下の3つの違い。気になってフランスの友達に聞いてみた意見をまとめてみると、

Fondant au chocolat(フォンダン): 周りは焼けているけど、中はクリーム状に近い。舌で溶ける。
Moelleux au chocolat(モワルー): 中も周りも柔らかい感じ。
Mi-cuit au chocolat(ミキュイ): 周りはモワルーで中はクリーム状?

実際レストランで頼むとかなり混ぜこぜになっている気がする。その日の出来によるとか?

わたしはどれもとろーり系が好きなので、最後に「au coeur coulant(真ん中とろり)」がついているものには目が無い。

ちなみに単語自体の意味は上から、「とろける」「柔らか」「生焼け」。
誰か料理に詳しい人がいたら、それぞれの正しい定義を教えて!
[PR]
by hirochotto | 2009-07-22 23:23 | ぱん・おやつ Pain, etc.
<< イチゴショートケーキ ペタンクで、リカール帽ゲット! >>



ライフログ
最近読んだ本 ↑
沈没期間中に「本もTVも見れないんだよね」と分かってくれる人がいると「そうなのよ~」と嬉しかったのだけど、思考能力ゼロ、この間の記憶とても薄いです…。そんな中、何度も読み返していたのが『僕とポーク』。ネットで一日一ページ読む感覚で、ちまちまちまちま絵を眺めていました。ほしよりこさんの漫画に登場する大人っぽい子供、子供っぽい大人たち、最高です。
検索

(C)2008 hirochotto. All rights reserved.

最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧