2010年12月ワンダ♂誕生☆小さな家族が少しだけ大きくなりました。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
タグ
外部リンク
フランスで結婚 : カクテル、ディナー、そしてダンスパーティー
アストリッドに教会の飾り付けの花で即席ブーケを作ってもらい外に出ると、
e0155459_22123131.jpg

友達がピッケルでアーチを作って待っていてくれた。
e0155459_22203015.jpg

招待客の中に友達の姿を一生懸命探した。(叫びながら手を振っている写真ばかり…)
e0155459_22212843.jpg

家族との写真撮影を済ませ、
e0155459_22221228.jpg

早々と教会を出発。
e0155459_22243414.jpg

カクテルに向け、大急ぎでお城へ戻った。
e0155459_22251960.jpg

なぜバタバタしていたかというと、普通お色直しはしないのに、カクテルでどうしても着物を着たかったから。
e0155459_22262077.jpg

最後の振袖を着ることにして、着付けは母にお願いした。大切な思い出。
e0155459_22275252.jpg

いざカクテル。
e0155459_22283155.jpg

子供達が歌を歌い、JMの両親がわたしの両親に日本語でスピーチをしてくれた。英語の発音より日本語の発音のほうが上手でびっくり。張り切って練習してくれたんだろうなあ。
e0155459_22301917.jpg

またまた写真撮影をして、急いでドレスに着替えに部屋に上がった。
(こういう場面になると闘牛の「オーラ!」の掛け声と共に両手を挙げるフランス人…。これは友達でオーラ!)
e0155459_2231854.jpg

お城を選ぶにあたり最初考えていたのが、一つの大きな部屋でディナーからスピーチ、ダンスまで全て行うこと。なかなか思っていたものが見つからず、逆に毎回部屋を片付けずに済むようたくさん部屋のあるChateau d’Alincourtを借り切ることにした。ディナーは連なる三つの部屋で。わたしたちの席を置いた黄金の間では両親+姉夫婦+友人のみ。気兼ねなしのディナー、フランスならでは。
e0155459_22333255.jpg

かけつけ一杯。何だかバックが既に異様に盛り上がっている…。ちょこちょこ食べに戻りながら、他の部屋に挨拶に回った。
e0155459_22364413.jpg

メインを食べ、チーズまで平らげると、デザートの置いてあるスピーチをする部屋へ移動。
e0155459_22371589.jpg

主役は座れてラッキ~。
e0155459_22375813.jpg

スピーチの内容は過去の話だったり、祝福の言葉だったり、日本と一緒。
e0155459_22405879.jpg

違うのは誰がスピーチをするか、当事者のわたしたちは全く知らないこと。
(どうしてこんな写真…という写真を山ほど招待客に見せまくってくれたマリー・パスカル&のりちよ…)
e0155459_22413239.jpg

カクテル、ディナーはこれまでお世話になった人に感謝をする披露宴とは違い、
e0155459_22421463.jpg

親戚・友人が祝福してくれる場です。
e0155459_22425644.jpg

長くなるのでスピーチはこれぐらいにして、これからが今夜のお楽しみ、ダンスパーティー。
0時もとうに過ぎ、弱ってきたチビッコたちの前を通り、
e0155459_22464182.jpg

ダンスをする中世の間へ。
e0155459_22471562.jpg

夜中に父をJMの母と踊らせるのは酷なので、最初からわたしとJMでワルツを踊ってスタート。
e0155459_22475680.jpg

二人で一曲踊りきるのも照れくさいので、友達にすぐ一緒に踊り始めるようにお願いしておいた。
e0155459_2248345.jpg

その後はお待ちかねの、
e0155459_22491648.jpg

ロック!
e0155459_22495555.jpg

踊る踊る…。
e0155459_22504267.jpg

みんなすごいパワー。
e0155459_22511810.jpg

最後はオレオレ!
e0155459_2252290.jpg

パーティーは朝5時近くまで続き、最後の客を見送って部屋に上がったときはぐったり。。

翌日のブランチでまた集まるのでもうさっさと眠ろうと準備していたら、「あぁぁぁ~、僕の千羽鶴~…」とJM…。テーブルに散らそうと毎晩JMが折り続けた鶴を入れたダンボールが、ベッドの横に置き忘れていた。
e0155459_22531896.jpg

最初は2~3枚写真を載せるだけのつもりだったのに、写真を見ていたら既に忘れていたことが一杯あって、自分へのメモ代わりにダラ~っと書いてしまいました。

最後に、遠くから来てくれたみんな、改めてどうもありがとう。
そして日本から暖かい言葉を送ってくれたみんなには、やっと結婚式の全貌(!)を見てもらえてうれしい限りです。
[PR]
by hirochotto | 2009-07-06 23:23 | France 生活
<< 七夕、ハルレンジャー フランスで結婚 : 教会 >>



ライフログ
最近読んだ本 ↑
沈没期間中に「本もTVも見れないんだよね」と分かってくれる人がいると「そうなのよ~」と嬉しかったのだけど、思考能力ゼロ、この間の記憶とても薄いです…。そんな中、何度も読み返していたのが『僕とポーク』。ネットで一日一ページ読む感覚で、ちまちまちまちま絵を眺めていました。ほしよりこさんの漫画に登場する大人っぽい子供、子供っぽい大人たち、最高です。
検索

(C)2008 hirochotto. All rights reserved.

最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧