2010年12月ワンダ♂誕生☆小さな家族が少しだけ大きくなりました。
Top
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
タグ
外部リンク
フランスで結婚 : 準備編
結婚式の舞台裏です。

フランスでの結婚式は、大抵午前中に市役所、午後に教会、カクテル、ディナー、そして朝方まで踊り明かすというパターン(+翌日のビュッフェ)。 わたしたちはJMの転勤予定があったので、まず10月に市役所の式を彼の生まれ育ったヌイイNeuilly sur Seineで挙げた。

日本からは両親、姉夫婦が来てくれ、式を挙げてくれたのはJMを子供の頃から知る助役さん。
アットホームな雰囲気で式を終え、その後は彼の両親の家で会食。これから毎日つけることになる婚約指輪は、納得したものになるよう何度も通ってデザインをした。市役所での挙式はわたしたちにとっては婚約パーティーでした。

大変なのはこれから。一年ほどかかった教会での挙式の準備。
フランスでの結婚式はあれもこれも自分たちで考えてないといけないのが大変だけど、パリに転勤となったのが26歳のときだったので、それから結婚まで友達の結婚ラッシュ。仲良しのファビアン&フィリップがわたしたちの一週間前に結婚したこともあり、色々相談もできてフランスで結婚するならどういう風にしたいか、イメージは作り易かった。

あくまでもクラシックな感じながら、所々日本っぽく、わたしたちの個性がでるようにした。
ディナーのTrou Normandに梅酒を使ったり。そしてこれは印刷屋さんに送ったディナーの招待状データ。
e0155459_2191856.jpg

二ヶ国語以外はあくまでも伝統的な形式で作った枠組みに、高齢の生真面目な人たちは小さくて読めないだろうと「蛙の腿食べたことあります?」等どうでもいい日仏会話を混ぜてみたりした。

ちなみに、フランスでは招待状は二つ。
教会での挙式+カクテルまでの招待状は、存命の祖父母・両親連名で招待。
その後のディナーは母のみの名前で招待。伝統的にディナーの主催者は夫人です。(普段友達の家にディナーに呼ばれても、その家の女主人に当たる人が食事に手をつけるまで誰も食事を始めないのはこの為)

しかし仏語を良くみると分かるように、フォーマルな女性名はMme夫名。
つまりわたしの場合、マダム ジャン=マチュウ・フェレでヒロコはどこにも出てこない。。
なんか、ちょっと嫌だなあ。。

この他にも日本と同じく式場選び、料理選び、教会、お城の飾りつけ、教会式次第作り…等々。
全くパッケージが存在しないのでどれも時間がかかった。

わたしたちが担当して大変だったのがカメラマン、DJ探し。納得するまで何人も面接した。
結局DJはジェージェーの紹介で、当時流行りのBodegaのDJにお願いすることに。これまた紹介のカメラマンのフィリップは、ミシュラングリーンガイドのカメラマン。この後、親戚、友人に気に入られ、知り合いの結婚式で何度も顔を合わせることになる。

楽しかったけれどこれまた時間がかかったのが教会探し。
お城を決めた後、前年の9月ぐらいから周辺の教会を毎週末訪れた。挙式後を考え「教会の前が開けているもの」が条件なのだが、意外と教会自体も美しく、周りも綺麗に保存されているものは少ない。
目の前がすぐ道路だったり、でーんとお墓が広がっていたり…。
ゴシック建築のものがいいのに、ロマネスク調ばかりだし…。
結局当時もう使われていなかった、SeransのSaint Denis教会を開けてもらうことにした。
(教会の掃除を手伝ってくれたのりちよにはびっくりだろうけど、この教会はロダンの「フランスのカテドラル」という本にも登場する)
e0155459_6351576.jpg

そしてカトリックが教会で結婚をするにあたり、欠かせないのがLa préparation de mariage(結婚準備)。

まず、式を挙げてくれるドュロネ神父と半年ほどの間毎月一回会い、何を結婚に望んでいるか、どういう家庭を築きたいか話し合った。JMの両親がわたしのことを考えてオープンな神父さんを紹介してくれたので、毎月のこの時間はとても楽しみだった。ドュロネ神父には宗教上の質問をたくさんぶつけた。

それと同時に担当の既婚カップルとも同じく月に一回会い、喧嘩したときにどう歩み寄るかなど、より実践的な話題を話し合いアドバイスをもらう。これは4回ほど?

そして仕上げが結婚式一ヶ月ほど前に修道院で週末を過ごすLa retraite。
近々結婚するカップルが集まって、週末を共にする。

こうして書いてみると驚くほどのカト度だけど、これを機会に聖書を読み、宗教について、結婚について考えることができたのはとても有意義だった。
(これで自分は一生カトリックになることはないだろうど確信したのだけど…。ごめんね、神父さん。。)

随分長くなってしまったけれど、家族にもこのカトリックの結婚準備の辺り、話してなかったかなと思い書いてみました。次は本番。
[PR]
by hirochotto | 2009-07-04 23:23 | France 生活
<< フランスで結婚 : 教会 7月3日は、 >>



ライフログ
最近読んだ本 ↑
沈没期間中に「本もTVも見れないんだよね」と分かってくれる人がいると「そうなのよ~」と嬉しかったのだけど、思考能力ゼロ、この間の記憶とても薄いです…。そんな中、何度も読み返していたのが『僕とポーク』。ネットで一日一ページ読む感覚で、ちまちまちまちま絵を眺めていました。ほしよりこさんの漫画に登場する大人っぽい子供、子供っぽい大人たち、最高です。
検索

(C)2008 hirochotto. All rights reserved.

最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧