2010年12月ワンダ♂誕生☆小さな家族が少しだけ大きくなりました。
Top
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
カテゴリ
タグ
外部リンク
Friday Late V&A、一年は円?線??
木曜の晩は目と鼻の先にあるWhitechapel Galleryで、ドイツの彫刻家Isa GenzkenのTalk。
各作品の説明は興味深いものの、作品が好きになれずひろしと2人でキョトキョト興味は他に向く…。
2年かけて改築され最近リオープンしたこのギャラリー、建物自体が展示品より見ていて楽しかった。

そして今晩は恒例のFriday Late V&A
e0155459_2355367.jpg

月一回金曜の夜に美術館でイヴェントがあり、V&ATateに友達と集まる。
まず入り口で一杯。ちょっといい気分で美術館のイベントを巡る。

今回は彫刻系のアトリエが多く、わたしたちも石膏の型取りに挑戦。
ちょっと持って帰るの大変(というか邪魔…)だねぇ。。といいながらも名前が書いてあるから置いていくのも変だし、それぞれ自信作品?を手にとりレストランへ。
e0155459_2283239.jpge0155459_2534013.jpg

食べる間テーブルの片隅に積み上げられ、怪しげなドギーバッグのようだった。

レストランでおもしろかったのは、最近ロンドンに社会学の論文を書くために来たアガタ。
研究内容はロンドンとパリの移民同化状況の違いということだけど、研究アイデアが底なし。

いま関心があるのが、

「あなたの頭の中で一年間は円で見えるか、一本の線に見えるか。各月や季節には色がついているか?」

というもの。わたしは一年というか人生が線状で季節ごとに色がついている感じなんだけど、そこにいた6人中2人には(人生じゃなく)一年間が楕円状に見えるらしい。

他にも、「アラビア数字に色や性格を感じるか」。

「あるある、2は3よりやさしい感じだよね~、5は男の子って感じ?」と言ったら、「やっぱり感じる?わたしは5は女性よ!」とアガタ興奮。でもなんにも感じない人もいるみたい。

興味津々。早く研究進めて解説してほしいなぁ。(でも社会学とは違うような…)
[PR]
by hirochotto | 2009-04-24 23:07 | London 生活
<< The Wapping Pro... Khaled Hosseini... >>



ライフログ
最近読んだ本 ↑
沈没期間中に「本もTVも見れないんだよね」と分かってくれる人がいると「そうなのよ~」と嬉しかったのだけど、思考能力ゼロ、この間の記憶とても薄いです…。そんな中、何度も読み返していたのが『僕とポーク』。ネットで一日一ページ読む感覚で、ちまちまちまちま絵を眺めていました。ほしよりこさんの漫画に登場する大人っぽい子供、子供っぽい大人たち、最高です。
検索

(C)2008 hirochotto. All rights reserved.

最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧